読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

実はきのこ全般嫌いだったということに気がついた

しいたけ嫌い

僕は大のしいたけ嫌いである。中学校が特にダメな時期だった。出汁などにしいたけが使われていると分かったし、親子丼や鍋、五目ご飯にしいたけが入っていると、どうしようもなく残念な気持ちになった。

実家に住んでいたころ、玄関の近くに丸太が何本か置かれていることがあった。始めてみた時は何かな?と思ってスルーしたのだけれど、ある日みてみるとそこから大量の大きなしいたけが生えていた。100%夕食に出てくるな、と思って過ごして3日後ほどすると、案の定何日間か夕飯にしいたけがレギュラー出演状態だった。

しいたけの何が嫌いか。見た目、食感、味、そのすべてに「気持ち悪さ」が混在してしまっている不思議な食べ物だ。神様がいたとして、うっかり作り間違えたものが唯一あるものだとしたらそ唯一無二の不味さだし、ぶよぶよの食感はもはや人の食すものではないし、見た目はふてぶてしい味が連想できる図々しさである。

 

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】

 

 

実はきのこが全部ダメだった

この世は幻である、一切皆空であるという仏教の真理を文章で理解しようとしても無駄である。しいたけは近寄りがたい幻だ。僕の脳は未熟であるが故に、しいたけという苦に対して向き合おうともしていないということが、この間の職場での飲み会で明らかになった。そして更に、その飲み会で悟った悲しいことがある。しいたけ意外のきのこも実はダメだったのだ。

しいたけ意外のきのこは「大丈夫」ということにしていた。しかし、その飲み会で限界がやってきた。しめじのおつまみが出てきて、それを食べたとき、「できることならティッシュにくるんで捨てたい」とか思ってしまった。ちょっと嗚咽してしまいそうになった。そこで過去のきのこに関する記憶がガラっと変わってしまった。すべて食すのに抵抗があるな、と思うようになってしまったのだ。

いつの間にか僕は「しいたけ大嫌いキャラ」を演じていただけで、実際はしいたけ意外のきのこ類もダメで、強がっていただけだったのだ。しめじ、えりんぎ、まいたけ、なめこ……あらゆるきのこを我慢して食べていたことに、ようやく気がついた。

 

 

きのこを克服するメリット

しかしきのことは、魅力的な食べ物である。きのこに対して、とりわけしいたけなどの味の濃いものに対しては嫌いを通り越して憎しみすら抱くほどのきのこ嫌いで、ついつい「きのこなんて栄養もなさそうだし克服するメリットなんてねーよ!」なんて話で終わらせてしまいたくなる。しかしきのこを調べてみるとそうも言ってられない。

まず低カロリーである。これは想像どおり。続いて食物繊維が豊富だ。ビタミンD類が豊富なのでカルシウムの吸収をよくしてくれるため、骨や歯も丈夫になる。ミネラルも豊富で、特にカリウムが多い。カリウムって人体にとってどんだけ必要な物質なの?と思うかもしれないが、Wikiで調べたらこんなことが載っていた。

生物にとっての必須元素であり、神経伝達で重要な役割を果たす。人体では8番目もしくは9番目に多く含まれる。植物の生育にも欠かせないため、肥料3要素の一つに数えられる。

(中略)

高血圧についての疫学的研究および動物実験の結果、カリウム含有量の高い食品の摂取によって高血圧のリスクを低減できることが示され、高血圧を原因としない場合の脳卒中についてもおそらくは低減される。また、ラットにおいて、カリウムの欠乏はチアミン(ビタミンB1)摂取量の不足と複合することで心臓病に罹患することが示された。 

つまり、きのこを摂取することで、便通が良くなり、骨や歯が元気になやすくなり、高血圧を抑え、心臓病や循環器系の病気にも強くなり、ついでにカロリー控えめなのでダイエットに一役かってくれるっぽい。僕の身体に足りないものを補い、あるいは食い過ぎで足りすぎなものをデトックスしてくれたりしてくれる食べ物であるかもしれないのだ。

 

使えるきのこレシピ -旨み、食感、色、香り。持ち味を活かす和・洋・中104品-

使えるきのこレシピ -旨み、食感、色、香り。持ち味を活かす和・洋・中104品-

 

 

きのこはすごい

wikiやらきのこ礼賛サイトの情報を鵜呑みにするのならば、きのこを克服しない理由は見当たらない。しかし、長年の「きのこ嫌い」が、克服しようという決心を鈍らせる。いいのか?散々っぱら「きのこが嫌い!見るのも嫌!前世はきのこに親を殺されたのだ!!」と散々吹聴していた僕が、こんなにも簡単にきのこを愛そうとして良いのか?

謎の「きのこ嫌いプライド」が邪魔をしている。いい加減山崎は大人になるべきで、こんな味覚の好き嫌いについて2000文字近くのクソ記事を書いていることも反省するべきだ。有無を言わさず、もう、きのこを食せるようになればいい話ではないか。

ビールを飲んだとき、最初は「まっず!!」と思っていても、いつの間にかメニューを考えるのが面倒くさかったり、飲み干すタイミングがビール好きと同じで、流れでビールばっかりを飲む時期を経て、いつの間にかビールを飲むのが大丈夫になったという人は多いはず。それと同じ仕組み、すなわち「慣れ」を使って自分の脳を騙し、きのこの味を克服しようと決心した。

というわけで明日の晩御飯は、カレーライスにします。

きのこ?入れるわけないだろ。。。

 

マスコット 印度の味 中辛 180g

マスコット 印度の味 中辛 180g

 

 

 

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

 

切れ痔の話

記事を読んでいただきありがとうございます。ただタイトルからお察しの通り汚い話をするので食事をしながらの閲覧に関しては一切の責任を取らない。

また切れ痔になった。

また、とはどういうことか?恥を偲ぶ必要が無いのにもかかわらず、自分勝手にカミングアウトするならば、僕は比較的切れ痔な人間である。2~3ヶ月に2~3日はお尻から出血をしている。初めて切れ痔になったのはおそらく中学生の頃で、「これが痔なのだな……」と感慨深くトイレでしんみりとしながら血を拭った記憶は忘れない。忘れたい。

痔に関して無知だった僕は、つい最近まで痔の恐ろしさについて知らなかった。痔をなめていたのだ。ボラギノー○のCMのせいでもある気がする。恥じらいを取ってくれるような演出をしてくれるならまだしも、むしろ痔の人をコミカルに描いているので、ボラギ○ールを使用するのですら恥ずかしくなってしまう。だがとある電子書籍を読んでしまったお陰で、今すぐにでも薬局にボラ○ノールを買いに行きたい気持ちで頭がいっぱいだ。

 

「お尻のお悩み解消法」 恥ずかしくない!正しい肛門科のかかり方 (impress QuickBooks)

「お尻のお悩み解消法」 恥ずかしくない!正しい肛門科のかかり方 (impress QuickBooks)

 

 最近、疑問に思ったことはAmazonの本カテゴリーで検索している。ググるではなくアマゾることで、自分の興味関心その他周辺知識が詰まっている本を検索できるのだ。そこで最近の習慣にのっとり、Kindleストアで「痔」と検索してみた。そして出てきたのがこの本だ。

名前のキャッチーさにさほど信憑性が無いビジネス本ライクな空気を感じるが、痔の主な症状や実際に肛門科にかかると、どのような手術をしてくれるのか、どうすれば恥ずかしくないように肛門科をにかかれるのかというテクニックを教えてくれる、痔を治したい!と考えている人のための本だ。本当にこの本を読んでよかったと思っている。その理由は、本書の「おわりに」を読んでみると分かる。

全国に大腸肛門科を標榜している医療機関はたくさんありますが、そこで診療を行っている医師の技術レベルには大きな差があるのが現状です。(中略)

大腸肛門科の専門施設で長年修行を積んだ、信頼のおける「心の専門家」がいるいっぽうで、大腸肛門科のトレーニングを受けたことがない医師が、「内科胃腸科」として開業するついでに肛門科を標榜し、おかしな治療を行っている例もあるのです。(中略)

切りすぎた肛門は元にもどりません。未熟な手術をうけることで、生涯取り返すのつかないダメージを残す可能性もあるのです。

信頼のおける肛門科医にかからなければ、いい加減な手術をされ、その結果うんち垂れ流しの危険性があるということである。本書は痔の手術方法も簡易的ではあるが概要を教えてくれるので、事前知識として持っておけば、医者の言っていることに対して「何かおかしいかもしれない」と気がつくことができるかもしれない。

この本をキッカケに、痔の本を何冊か読んでみようと思えた。医療の分野は一つの知識に固執すると危険だ。この記事を見ているあなたが痔で悩んでいるのだとしたら、別にこの本じゃなくてもいい。図書館やブックオフでもいい。痔についてしっかりとかかれた本を一度読んでほしい。手遅れになれば、洒落にならないのだ。

痔になる原因というのは、本当のトコロ、あまりわかっていないらしい。本書によれば、「運」によることが多いようだ。肛門の溝がたまたま深かったり、いきむ癖を持ってしまったばっかりに、細菌が溜まりやすい環境にたまたまなってしまった……という人が痔になるのではないか?という趣旨が痔の原因に言及している部分で書かれている。恨むなら自分の肛門の形を恨むしかないのだ。現代人たるもの、もし痔になってしまったらば、天から授かったものとして諦め、痔について勉強し、しっかりと対処しなければ、おちおちデスクワークも出来ない身体になってしまうかもしれないのだ……。

最新 大痔典:機能回復した「オシリ」は美しい

最新 大痔典:機能回復した「オシリ」は美しい

 

 

 

痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

 

 

 

平田雅彦の切らずに治す痔の本 (名医の最新治療)

平田雅彦の切らずに治す痔の本 (名医の最新治療)

 

 

 

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

 

Pha著『ニートの歩き方』──働かない方がいい理由を考える

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 自分の心をふるいにかけられる本というのは少ない。『ニートの歩き方』は数少ないそういう本だなと思った。本書を読むことによって、自分が今、いかに「働きたくない」状態であるかというのが分かってしまったのだ。それはなぜか?『ニートの歩き方』の中に登場する彼らの生活が羨ましくって仕方がない、と感じたからだ。

ネコと一緒に1日戯れるというのだったり、ニートの1日として紹介されている時間の過ごし方を読むと、ハチャメチャに良いなと思ってしまう。しかし、ニートはニートなりに大変なのだと知る。特に、ニートになるとき。どういうプロセスを経てニートと自称するまでに至ったのかを読めば、著者のPhaさんの苦悩が伺える。

日本は職業選択の自由が認められながらも、勤労の義務が憲法で規定されている。憲法について無知な僕からすると、不思議なもんなだと思う。職業選択の自由があるならば、勤労の義務なんて必要ないんじゃないか。自分で働いて手にした金を使って買ったものは、自分のものになる。それを望まないのだったら無職を選んでもよかろうに。「働くことは義務」ということは、「勤労全般をしたくない」という正真正銘のニートマインドを持った人たちからすると、疎外感や俺だめだな、と感じさせてしまう原因にもなりうるんじゃないかな。

「働かなくてはならない」という人であればあるほど、本書を読んでほしい。きっと、最初の数ページであまりの価値観の違いにイライラするだろう。しかしそのイライラには、「憧れ」や「嫉妬」という感情が少しずつ入り込んでいることに気がついてくるはずだ。

「いやいや働いている人」からすると、「働かない」「働かなくても良い」という道にふっきれた彼らの選択の先にある生活は魅力的に映るかもしれない。しかしそのかわり、彼らは結婚を諦め、贅沢な暮らしを諦め、金のかからない趣味に興じ、基本的にはインターネットで人間関係を築き上げている。一般的な価値観からすると、彼らの暮らしぶりは怠惰に見えるかもしれない。

しかし彼らにとってそれらは「諦め」ではない。自分の価値観にあった「選択」をしているだけだ。バリバリのビジネスマンが金欲しさにあくせく働き、金持ちが強い資本主義のフィールドで自己実現という永遠に達成しない目標を追い求める、という生活は波乱万丈のリスクがある。そういう生活を望む人もいれば、著者のように望まない人もいる。

ニートの実態や心情を知るのに適している、と言うと本物のニートの人たちに怒られるかもしれない。個人的にはそういう側面でも大いに参考になる資料であると思っている。少なくとも、「働かないこと」を選択している人がどういう思考のプロセスを経て働かないのか?を知るのには良い本だ。その視点をみにつけて、何の役に立つのか?

それは今の勤め先について考えるときに役に立つ。「働いたほうがいい理由」は多くの日本人がすぐに思いつくだろうが、「働かない方がいい理由」というのは、なぜか考えない。この本はまさに、働かないほうがいい理由を教えてくれる。それをどうして考えるべきなのか?冒頭で言った、自分の心をふるいにかけるためでる。今の勤め先で良いのか?自分はなぜ働いているのか?働くとは自分にとってどういうことなのか?気が付かないほうがストレスを感じずに生きられたかもしれないが、会社や社会の当たり前を疑い、洗脳状態から解き放たれるには、こうした真逆に疑うとういう思考法が役に立つ。その際、働かない方がいい理由を考えるときの参考になるのが本書だ。

彼らニートは生きることに希望を見いだせない人たちではない。いかに働かずに生きるか?ということに対して深く考え、それを実践している。金さえあれば世の中うまくいくと思い込んでいる人たちには、本書を是非勧めたい。金なんてなくても、充実した生活を送っている人たちもいる。

ブックスタンドを買ったらとても使えるものだった

 

actto BST-02BK ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

actto BST-02BK ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

 

読書ブログをこれからはじめようという方にオススメなアイテムが幾つかあるが、ついこの間購入したブックスタンドは、ダントツ1位でオススメ。もっと早くから購入していればよかったかもしれない。

読書や本について文章を書くのであれば、本の引用をすることが予想される。自分の言葉だけで本の内容を語るのは説得力に欠けてしまうからだ。しかし「書籍の文章を写す」という行為は想像よりも面倒くさい。分厚い文庫本やページが硬い本を片手で抑えながら、もう一つの手でタイピングをしなければならない。片手タイピングに自信があるから大丈夫!という人もいるかもしれないが、本を持っている手は疲れるし、両手と比べて打つスピードは落ちてしまうので、いずれ精神的な負担になってくる。

「いやいや、別に読書ブログなんてやるつもりないし」という人もいるだろう。もちろんブックスタンドなるものは、「読書レビューブロガー」などというニッチな人たちを対象に作られたものではない。本来的な使用方法としては、受験勉強のテキストをスタンドに挟んでおき、楽な状態でノートを取るとか、キッチンで料理本を見やすく立てかけるときなどに使うなどが挙げられる。

購入してみて一番いいなと思ったのは、両手が使えるということよりも、机に寝かせた状態ではなく、立てかけてあることで本がとても見やすいということ。首の疲れ方が全然違う。今年度は少し遅いかもしれないけれど、受験生は絶対に買ったほうが良いと思う。塾などにも導入した方がいい。リラックスして勉強できるので、多分成績があがる。※根拠なし。無責任な都合の良い話を安易に信じませんように。

リラックスや身体的負荷と学習能力向上の相関性を示す客観的なデータを示せないし、僕は受験生でもないもんで、学校の勉強という文脈でブックスタンドについて詳しく言及することはできないけれど、本や雑誌、綴じられた資料などを参照しながら作業する人たちにとって、これは救世主となるかもしれない。

本を立てかけるだけに1000円なんぼの金を出せるか!という方も多いとは思うけれど、騙されたと思って使ってみてほしい。勉強熱心な人であればあるほど、コイツの威力をすぐに実感できると思う。欠点は、文庫や新書などを挟む時はコツがいるということだ。不可能ではないが、ある程度大きめの本を立てかけておくために作られているので、多少不格好になってしまう。

f:id:achelou:20170106101745j:plain

写真のように、放っておくと捲れてしまう側のページだけ抑えておけば、片方のページをストッパーで抑えずに済む。書籍はヴェルナー・ゾンバルト『ユダヤ人と経済生活』で総ページ400ほど。これを手で抑えながら作業をするのは、少し大変だったりする。読書ノートを取るならば、本の内容に集中しながら取り組みたいという人は多いのでは。

こんな感じで両手を空けながら、引用したい箇所をタイピングしたり書いたりすることができるので、そうした勉強法が好きだったり、ブログで本のことを書きたいときにはオススメです。

 

ごめん、本当にそれだけの記事っす。お粗末さまでした。

 

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

 

僕がブログを読んだり書いたりするのが楽しい理由

f:id:achelou:20170105010558j:plain

「役に立つ情報」は新聞に勝てない

意識の高いブロガーの中には「人の役に立つ情報を発信するのだ!」と尊敬に値する志を持たれている方が多い。僕は阿呆ブロガーなので、そんなことを微塵も感じずに、好き勝手に書き散らしている。それは僕個人が想定する「文章で人の役に立つ」の基準が高く、そこからの逃避ゆえの態度かもしれない。とてもじゃないが、人の役に立つという前提からブログを書いていたら、精神がもたない。

ブログは文章で構成されている。文字というツールを使って、今、日本で一番多くの人に役立っているものとは何か?と言ったら、新聞であることは間違いないと思う。

新聞?オワコンだろう?いやいやそんなことブログなんてところで言えたもんじゃない。

ネットに出回っているニュースソースの殆どは既存のマスメディアであり、新聞はその筆頭だ。世の中の出来事を手っ取り早く知るには、新聞の迅速性と客観性が必要である。馬鹿にしている人がいるけれど、(建前上であっても)責任ある立場で公共性や客観性の高い文章を書こうと、寝ずに頑張っている人たちが繰り出す情報に対してはリスペクトするべきだと思う。新聞が言っていることに迎合しろということではない。自分の意見と食い違うのであれば意見を発信して良いと思う。ただ、彼らと同じレベルで客観視できる頭脳を持っているのか。ちときついか。

時事問題を取り扱うことに憧れる気持ちは阿呆の僕にもある。だが、熱意でもって僕のような知識あやふやな人間が、客観的な文章を目指した末、ちゃらんぽらんな主張をインターネットに放流し、何かの手違いでバズったとしよう。そうなってしまっては、逆に社会に害悪しか与えない気がするので、今はまだやれない。当ブログにおいては、役立つ情報を発信できる状態にない。

 

これからの日本の論点 日経大予測2017

これからの日本の論点 日経大予測2017

 

 

「役に立つ」を第一に考える難しさ

「人の役に立つ情報」「社会の役に立つ情報」を目指すのは良いけれど、新聞や書籍レベルで客観的なデータを集め、主張とデータの関連性を分析し、事細かく書いているブログってどれくらいあるのだろう。ジャーナリストや学者の個人ブログならいざしらず、一介のサラリーマン、学生、アフィリエイト収入で一発当てようとしているフリーターなどはそれに太刀打ちできるかといえばそんなことない。さらに彼らが「役に立つ」と思っているものといえば、「ビジネス」「自己啓発」「ライフハック」などが多いんじゃないか。どれくらい多いのか、どんな社会的地位の人が、どんな内容の記事を書くのか、なんて客観的データはないけども。勘です。

僕にとって「役に立つ情報発信」とは、新聞と同等、あるいは新聞よりも高いレベルで、客観的な情報をもとに新たな分析や主張を付け加えて発信することである少なくとも、連載記事を持っていたり、コラムを寄稿する学者やジャーナリストなどと同じレベルで書くことができなければ、それは役に立っている文章だとは言えないのではないか?とこう思う。

データを集め、分析し、その結果が自分の本音とは違っても、社会にとって有効な情報であるならば発信する。そういうことがしたい!という人は幾千のブロガーの中にどれだけいることだろう。

いや、ブログの役に立つと、新聞の役に立つは違う!新聞を読まない人は、SNSやブログなど、ライトな情報媒体の文章を読む可能性があって、そういうところから共感を持ってくれる人が出てきてくれたり、それで心の傷が癒えたり、明日から頑張ろうと思う人が増えたり、笑ってくれたりする人がいる!新聞がカバーできない部分を、ブログやソーシャルメディアが補っているのだ!という人もいるだろう。

では尚更、文章力、情報収集能力を身に着け、読者母数が多い新聞や週刊誌などに寄稿し、自分のブログにも掲載するくらいの気合を見せたらどうか。

「役に立つ」ことを第一にすることは、本当に難しい。上を見上げたらキリが無い。

 

コメントする力 情報を編集×発信する技術

コメントする力 情報を編集×発信する技術

 

 

やっぱりブログは公開自慰である

もし社会的に有意な情報を扱いたいのであれば、ジャーナリストになりきって文章を執筆するのがいいんじゃないかな。社会の動きを分析することは非常に難しいことだけれど、記事を書くために参照する情報は、「ビジネス」「自己啓発」「ライフハック」よりは客観性に富み、それらを分析することで、個人的な幸せを成就させようというライフハッカーよりも、一段上に、俯瞰した視点から物事を見極められるだろう。深刻な問題に目を向けることで、まるで解決不可能な問題に向き合う強さを手に入れられるかもしれない。

偉そうなことをたーくさん書いたが、以上のような覚悟のない人がブログをやる場合、僕と一緒で、とりとめもない主観まみれの文章を徒然なるままに書き続けることになる。というより、これくら大げさな志がなければ、役に立つ文章なんて書けやしない。

本当に役立つ文章を書くならば、新聞社などマスメディアに文章を出せるようにするか、書籍を出すべきなのに、「ブログでは人の役に立つ文章を出さなきゃならん」と言っている人に限って、ジャーナリストや作家という道を目指さない。なぜそうした志を持った人が、ブログというライトなメディアにだけ文章を書いて満足していくのか。

それは、自分の文章は現状、役に立たないことを知っているからだ。あるいは面倒くさいからだ。役に立たない、社会のセンシティブな情報を扱っていない、噛み付いてくる敵がいない、敵がいたとしても、取るに足らないネットヤンキー達なので、怖くない。

どんなにもっともらしい理由で運営しているブログであっても、まさしく超個人的満足によって運営されている。

だから僕はちょっと前から「ブログとは公開自慰である」という主張をしている。

それがダメだと言っているわけじゃない。

公開自慰だからこそ読んでいて楽しいし、公開自慰だからこそ書いていて面白い。とるに足らないことに対して考えを広げ、妄想し、もっともらしい文章をつけてそれをネットに噴射するのだ。汚いのだ、ブログは。自分勝手なのだ、ブログは。そしてそれを洪水のように浴びるのは、ものすごく僕の感性にとってものすごく良いような気がする。

そう思うのは錯覚かもしれない。でも僕はそれが良いと思っている。人間の綺麗なところも汚いところも、個人単位で見ることができる装置は、ブログしか無いのではないかと思う。これが、僕がブログを読んだり書いたりするのが楽しい理由である。

さて、僕も汚らしい文章や汚らわしい意見を自分勝手に吐き出したので、そろそろ賢者タイムに入る。

2017年もよろしくお願いいたします。

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com