点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

読書

クソ読書・リターンズ

クソ読書再考 クソ読書とは、読書を大真面目に取り組んでいる人からすれば、クソみたいな態度で読書をする態度のことを言う。僕が作った造語だ。クソ読書については、昔書いた記事で粗方書いてあるので一読してくれたら嬉しいけど、そんな暇な人はいないと思…

『マヤさんの夜更かし』──真夜中の通話は楽しい

マヤさんの夜ふかし 1 作者: 保谷伸 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ 発売日: 2016/10/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 本作は、怠惰な生活を送る魔女のマヤさん(表紙のキャラクター)と、漫画家志望の女性、豆…

読書ノートについて

読書ノートってどうしてるの?ということを聞かれたので、ちょっと書いときます。あまり参考にならないと思うけど、単なる読書好きの戯言として聞いていただければと思います。 山崎の読書ノートに対する認識 基本的に山崎は読書ノートを作ろうとしません。…

読書術本を読んでも、読書が好きにならなきゃ本なんて読めない

読書について 哲学文庫 作者: ショーペンハウアー 出版社/メーカー: 哲学研究会 発売日: 2014/12/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 知的な文化人が、揃いも揃って「本を読め」という。昨今の教養ブームによって出版される自己啓発本、ビジ…

歴史とは何か──「対話する」ことの重要さを再認識する

歴史とは何か (岩波新書) 作者: E.H.カー,E.H. Carr,清水幾太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1962/03/20 メディア: 新書 購入: 14人 クリック: 227回 この商品を含むブログ (116件) を見る 歴史の授業はつまらなかった。中学高校ともに歴史についてど…

切れ痔の話

記事を読んでいただきありがとうございます。ただタイトルからお察しの通り汚い話をするので食事をしながらの閲覧に関しては一切の責任を取らない。 また切れ痔になった。 また、とはどういうことか?恥を偲ぶ必要が無いのにもかかわらず、自分勝手にカミン…

絶対楽しい『読書通帳』について

読書記録について 読書記録の方法ですが、なかなかうまい方法が見つかりません。「ライト書評」サボリ気味だし、読書メーターも一冊一冊本を探して、登録するという作業はなかなか面倒くさいのです。その心を正せ!というのは苦難の道。もっとうまい方法はな…

図書館に行けば行くほど、本を買いたくなる

図書館は経済的? 本を購入するときって、ものすごくワクワクすると思います。どんなことが書いてあるだろうという気持ちで家に帰る、はたまた、待ちきれなくって近くの喫茶店に入って安いアイスティーを頼み、喫茶店の人には悪いけれど、何冊かの本を何時間…

ライト書評20160914『トラウマ映画館』『学問のしくみ辞典』『いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか』

町山智浩『トラウマ映画館』──映画レビューのお手本 トラウマ映画館 (集英社文庫) 作者: 町山智浩 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/09/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (16件) を見る 売れっ子映画評論家である町山智浩氏による映画レビュー本…

マンガは読書に入るか?について

マンガは読書なのか? Googleニュースをふらりと眺めていると、YOMIURI ONLINEの記事にこのようなものがございました。 www.yomiuri.co.jp 要約すると、「"マンガは読書に入るか?"というアンケートを実施してみたら、半数以上(66%)は"読書には入らない"…

ライト書評―『社会科学入門』『密教』『伝える力』について

こんばんは。山崎です。 昨日、こんな記事を書きました。 achelou.hatenablog.com 読書ハウツー本の中には「アウトプットが必要だ!」と書いているものもあれば、「本の内容を吟味しないうちは、批判や書評などしないほうが良い!」と書いてあるものなど、読…

「ライト書評」始めます

「ライト書評」について こんにちは。山崎です。台風上陸の季節でございますな。じめじめした気候の季節は、冷房の効いた部屋でゆっくり読書なんてどうでしょうか。読書の秋なんていいましても、最近は秋という季節の存在を、お天道さまもなかなか感じさせて…

「意識高い系」について

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書) 作者: 常見陽平 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2012/12/08 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 215回 この商品を含むブログ (11件) を見る お前ら、そろそろ、大人にな…

全ての「レビュアー」に読んでもらいたい──『音楽の聞き方 聴く型と趣味を語る言葉』について

音楽を語ること 音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書) 作者: 岡田暁生 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2009/06 メディア: 新書 購入: 22人 クリック: 513回 この商品を含むブログ (89件) を見る 皆さんにとって「音楽を語る」とは何であ…

Kindle Unlimitedで読める私的おすすめ実用書5冊

月額制電子書籍サービス いままで全然気が付かなかったのですが、Kindle Unlimitedなるサービスが開始されたそうで。8月3日よりスタートしていて月額980円で対象書籍が読み放題というもの。実際に使ってみたらストックが10冊までだったりと期待と違うことも…

整理整頓について

「整理整頓」が大の苦手 整理整頓が非常に苦手だ。 苦手どころか今まで整理整頓をしっかりやりきった記憶が殆どない。それは幼稚園から小学校に存在した「おどうぐばこ」や、中学高校時代のロッカー、自分の机、自宅の自分のスペースに関して、はっきり言っ…

片付け自己啓発書について

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 作者: 佐々木典士 出版社/メーカー: ワニブックス 発売日: 2015/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (17件) を見る いい加減に目を覚まして欲しい人たちがいる。 …

読書 多読 著者の視点を獲得したい!

本を読め!という会社にいます 私が現在勤めている会社は、月に100冊の読書がノルマです。多読を求められます。この話を人に言うと100冊って意味わからんという反応をされます。そりゃそうだ。私も入社当初は「読めるのかな~」とか思ってましたが、1日に3時…

『はたらく数学』―微分積分なんてどこで使うの?

はたらく数学 25の「仕事」でわかる、数学の本当の使われ方 作者: 篠崎菜穂子,日本数学検定協会 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2015/05/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 小学校の分数で躓いてからは、僕の算数、…

『哲学はなぜ役に立つのか?』―概念で考えることが哲学

哲学はなぜ役に立つのか? 作者: 萱野稔人 出版社/メーカー: サイゾー 発売日: 2015/08/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 「昔の思想を勉強したり、教養として頭に入れておくということは、現代社会を理解する上でとて…

『脱社畜の働き方』―労働の当たり前を取り戻す

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法 作者: 日野瑛太郎 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2013/09/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 厚生労働省の「平成26年度過労死等の労災補償状況」によれば、過労が原因の脳・…

偉人の言葉に興味が持てるようになる本

落ち込むことを予測して こんな本を買った。 5分で「やる気」が出る賢者の言葉 (小学館101新書) 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2009/12/01 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (3件) を見る 去年の大晦日、来るべ…

クソ読書のススメ

※個人的な本の読み方についての記事です。途中下品な表現もあります。要注意。 クソ読書とは 今回は僕が行っている「クソ読書」について書きたい。 クソ読書とは「読書に対して"真面目"で、"勉強熱心"な認識を持っている人から見たら、クソみたいなスタンス…

カフェだらけの日常 高井直之著『カフェと日本人』

日本人にとってのカフェ カフェと日本人 (講談社現代新書) 作者: 高井尚之 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 経済ジャーナリスト、経営コンサルタントの高井直之氏が日本人とカフェ、及び喫茶…

脳科学を信用するとき、信用しないとき

脳のせいなら仕方がないのか 本を読むようになってから、努めて「知ったかぶり」をやめようと努力している。この世は本当に知らないことだらけ。読書を始める前は頭では分かっていたつもりだったけれど、読み始めると知ったかぶりをするのが怖くなってくる。…

価値観を押し付けてくる奴は嫌われる

批判される道徳の「教科化」 道徳の「教科化」が進められているという。 佐貫浩氏『道徳性の教育をどう進めるか 道徳の「教科化」批判』では、このことが痛烈に批判されている。 道徳性の教育をどう進めるか 道徳の「教科化」批判 作者: 佐貫浩 出版社/メー…

人生に影響を与えそうな本たち

2015.09.28 誤字修正 今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 ネタが無いのではてなブログの今週のお題。 読書の秋感があるので乗っかろうと思う。 「おすすめの本を教えてよ!」は困る 本を読むのが好きだというと、「おすすめの本とかある?」と言われること…

最高の日曜日だった話

ヤバイ日曜日を過ごしたという自慢です この記事は自慢話を含むので注意が必要である。そのような内容が苦手な方、または自慢する内容にピンと来ない方は閲覧を控えて頂きたい。 要約すると、 2015年8月23日、わたしは友人のアリクイ君と一緒に、千葉繁さん…

読書まとめ 7月

2015年7月の読書メーター読んだ本の数:29冊読んだページ数:8808ページナイス数:196ナイス読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)の感想禁酒したい人向けの自己啓発本のような内容。健康上別にお酒を飲んでも大丈夫だ…