点の記録

書籍、映画、あと音楽など。

雑記

文庫-LOGを始めたせいで、こっちで書評する時間が無くなったし、書評って難しいねって話

どうしよう。こっちで書評する時間が無い。同じ内容をコピペしちまえ!という腐れ大学生的発想が眼の前にぶら下がっているほど、こちらで書評をする時間が無い。単なる日記というか、そういうブログに成り果てようとしている。実は書評よりも、雑記のほうが…

洋服を選ぶことが苦痛だ

自分から洋服店に足を運ぶことは2年に1度ほど。主にやぶれた下着や、相方に先ただれた靴下の代わりを探すための買い物であって、自分の好みの洋服を探しに行き、それを喜々として買い求めるためのものではない。 あらゆるものに自信を無くしてきた山崎だが、…

昨日の記事に対する弁明と謝罪

Facebookに本ブログを共有をしはじめたところ、母に対して「お前のところの息子は大丈夫か?」という心配の声が届いてしまったらしい。うつ病であるということをブログで告白し、その僕から見える世界を記述しているのが原因であった。周囲の人間から心配さ…

2019-04-17

『うつ病は下痢に似ている』という文章を書いた。家族にもそのように伝えた所、納得のいくようだった。精神の調節ができないのは、ちょうど腹を下した時に、どう頑張っても漏れるときは漏れるという、あの感覚に近い。考え方を変えても、下った腹は便を出し…

欲しいけど、よく考えたらいらないもの、それは『iPad』だ

ああ、iPad。欲しいなぁ。 電子書籍を大きな画面で読める。スマホに比べて画面が大きいから、ネット検索するときも、ちっこい文字に目を凝らして読む必要がない。スマホでゲームすると充電がすぐになくなるけど、iPadなら携帯の電池を気にせずに使える。ノー…

睡眠障害者による朝の禊

おはよう。 一口ゲロってあるじゃん。たった今あれで喉を焼かれた。 食道も焼けるように熱い。しかし窓の隙間を通ってくる外気は冷たい。北関東では雪が観測されるほどの冷え込み具合だ。寒の戻りというやつなんだろうけど、いくらなんでも戻りすぎ。 世の中…

うつ病は下痢に似ている

気分の落ち込み方はそれぞれだろうが、僕の場合はこんな感じだ。 何もきっかけが無いようなところから(もしかしたら無意識に何かトラウマを思い出しているかもしれないけれど)、そわそわしたり、不安感に苛まれたりする。だんだんと過去の選択を悔いたりする…

「教養」死すべし

『「教養」死すべし』なあんてことを言っちゃってるのは、「教養ブーム」は教養を作らないという、そういうことを言いたいために大げさにタイトルを付けた。教養ブームの被害者だからである。

「読書会」に参加することになった

『文庫-LOG』経由で読書会に参加することになった。が、現在は精神状態のバグにより、電車やバスに乗れない問題を抱えていることを忘れていた。今度、西国分寺まで乗れる練習をしよう。案外大丈夫かもしれない。なお、読書会が行われる場所は「下北沢」であ…

始めて本をブックオフで60冊売ったら725円だった。

本はとにかく買え!と知の巨人達は仰っている。それを真に受けて、バンバン本を買っていた時期がある。 どんな悪書でも、悪書なりに役に立つ時が来るだろう!という幻想を勝手に作り、クソ自己啓発本だろうがなんだろうが、手当たり次第に買っていった。それ…

文章的ミニマリズムとは何か

書いた。 bunkolog.hatenablog.com 読んでほしい。 おわり。

日記-20190406

何かの本で読んだ気がするんだけど、「朝の4:00~7:00は、人間の知的生産の能率が落ちる。なぜかと言えば、睡眠のタイプは遺伝子によって決定されており、この時間帯における知的生産に適した遺伝子を持つ人間は殆どいないから、極度の早起きはあまり本読みに…

文庫-LOG編集後記──「読書術本」って胡散臭いかもしれないけど優しい存在だよね

新しく初めた文庫専門のブックレビューサイト『文庫-LOG』がぬっぽりスタートしており、3つの記事を書いた。 所謂「読書術」に関連する本達で固めてみたのは、新年度だし、ちょっとでも自己啓発的な内容に興味を持った人が釣られないかなという黒い期待から…

狙い目の書評ジャンルは「インテリぶれる系」なのかな

書評はレッド・オーシャン 3年位ブログをやっているんだけど、毎日20PVくらいしかないし、読んでくれる時間が1分未満であることがわかりました。 別にマネタイズするつもりは無いんですけど、読まれないのは単純に切ないなあと思います。一つの記事を書き上…

速読と精読、結局どっちがいいの?とか言っていないで、いいから本を読もう

読書の技法 かつて山崎は「速読こそ至高」と思っていた速読信者でありました。 実践できているのかもわからない手法を実践し、本をアホほど読んだつもりになっていましたが、「速読法」なるものを実践している間、全くと言っていいほど知識は身につくことは…

自己効力感が低いと改善行動すら取り組めなくなることを体感している

めっちゃ甘えたことを書いた記事なので、人によっては嫌悪感を抱く可能性があります。ご注意ください。 飛行機が墜落し、小学生が心中し、有名人がコカインで捕まり、銃乱射事件が巻き起こっている最中、それでも自分のことしか考えられない山崎はベッドの中…

バックアップが残っていた

黒歴史の数々が復活している。 そう、バックアップが残っていたのである。ほぼ原状回復していると思われる。バックアップをした記憶がまったくないのが恐ろしいことだが、ファイルを整理していたらそれらしきファイルが見つかり、もしやと思って復元すると、…

結局本を読んでいる時が一番楽しい

自分は何をしているときに幸福を感じるのか、ということに鈍感になっていた節がある。自分の幸福というものに意識を向けず、ぐーたらと生活をしてきたので、精神や身体に負の影響が出てきてしまった……かどうかは定かではないが、意識的に価値観を再確認しな…

体調不良について・転職について

体調不良について 扁桃炎が悪化し、職場の方々に迷惑をかけまくっている。月によっては体調が殆ど回復せずに休みまくってしまった月もある。今月は欠勤と早退が連続している。だからブログの更新頻度も高かった。起き上がるのが辛くても、文章はスマホで打て…

体重が98キロになっていた

寝不足日記で書いたように、色白のガリガリになるべく、現在の自分が何キロであるかということを確認した。98キロだった。 ガリガリのモデルケースとして選び取った基準値は身長マイナス20キロの60キロ。38キロもの減量を強いられることになったのだが、正直…

寝不足日記20190221

仕事が終わって帰宅すると日付が変わって30分ほど経過していた。スーツをハンガーにかけるのも億劫で椅子に脱ぎ捨てて、風呂にも入らず部屋着に着替えて、ぼーっとドラマを見る。あぐらをかいた足から臭う腐ったゴミのような臭いが、自分のストレスの大きさ…

読書は高尚なことではない──クソ読書のすすめ

「クソ読書」をはじめてみましょう。 クソ読書はだれでも簡単にできる読書法です。 クソ読書とは、「真面目に本を読んでいる人からしたら、その読み方はクソだ!と罵られるような読み方一般」の事です。 クソ読書を会得する事で、あなたの読書効率は数百倍にな…

近況報告20190216

書かねば鍛錬にならず、さりとて中途半端なものを人様に見せたくないというジレンマを抱えて久しいのですが、ある程度それが克服されそうで嬉しいな、という内容です。 中途半端な文章を見せたくない?ほほう貴様、底辺の職業につき、安月給でその日暮らし、…

あけましておめでとう

そういえば、どうして年が明けるとめでたいのかということに、今年ようやく疑問に思って調べてみたら、年始には「年神様」という神様がやってくるから、めでたいのだという。この年神様というのは神道寄りの神様で、Wikipedia情報によれば、 柳田國男は、一…

停滞の2018年

平沢進さんのホログラムを登る男という曲の中に、 死よりなお悪辣と ああクライマー クライマー 停滞を撃つ という一節がある。山崎は今年、停滞を撃ち、前進することは叶わなかった。 2018年を振り返ると、自分が解決しなければならない問題は何一つ解決し…

SNSは不安感や劣等感を助長させるからしばらく離れることにする

隣の芝生は青い、隣の花は赤い、隣の糂汰味噌……他人が持っているものは、なんでもよく見えるものである、ということわざですね。我々はこうした感情を無意識のうちに植え付けられています。何で植え付けられているかというと、人によりますし、それを列挙す…

点の記録とは

※2019年3月7日に復活しています。 2018年10月19日、カテゴリ付けの作業中に起きた、管理人山崎の操作ミスにより、全てのブログ記事が消滅いたしましたので、改めてブログの自己紹介をさせて頂きます。 『点の記録』は、主に書籍に関する話題について書かれる…

点の消滅

※2019年3月7日に復活しています。 ブログ記事にまとめてカテゴリをつけようと思っていたら、全件消えてしまいました。 茫然。 バックアップデータも取っておりませんでした。 なんたることでしょう。 というわけで、リスタートです。

収益を前提にしないで導入したアマゾン・アソシエイトの収入でCD1枚を買う

ブログを書いて3年ほど経過して、ようやくCD1枚買える副収入を得ていることが判明し、それでCDを買いました。自分のブログ記事に本の表紙を写すのに、著作権的なリスクが少ない方法は無いものか?と探していたときに思いついたのが、Amazonのアソシエイトを…

数学コンプレックス増強

教養のために数学を勉強してみようとして数ヶ月経つけれど、いまいち数学コンプレックスが抜けない。