点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

マンガは読書に入るか?について

マンガは読書なのか? Googleニュースをふらりと眺めていると、YOMIURI ONLINEの記事にこのようなものがございました。 www.yomiuri.co.jp 要約すると、「"マンガは読書に入るか?"というアンケートを実施してみたら、半数以上(66%)は"読書には入らない"…

ご飯を記録しています

デブ山崎 デブである、デブであると公言しております山崎です。体重が88Kgと過去最高記録を叩きだしてしまいました。少し前までは90Kgに到達しておりましたが、気合で2kg落としました。 ブログやTwitter、Facebookで、寄せばいいのに「やせる!俺はやせるぞ…

ライト書評20160905──『日本人のための宗教言論』『世界5大宗教全史』『手にとるように宗教がわかる本』

※山崎は宗教知識ビギナーなので、間違えているところなどがあれば教えて頂きたいです。 宗教フェア 最近は宗教の流れを手っ取り早く理解しようと思いまして、図書館でドバーっと10冊ほど借りてきました。それぞれどんな本であったかをざっくりと纏めておきま…

かき氷について

お題「かき氷」 高校生の頃、地域活動の一環で、小学校高学年から大人まで参加できるキャンプに参加した時に、はじめて「ふわふわのかき氷」を食べました。 それまで、僕の中で「かき氷」というのは、縁日とか夏祭りの露店で売られているもので、ガラの悪い…

面白い文章が書ける方法と、ブログついて

この記事はハウツー記事ではありません。この記事を読んだからといって、面白い文章を書けるようになる保証はできません。なぜなら、これは山崎の妄想です。こうすれば、いい文章かけるかもしんない!という希望的観測に基づいたものです。冗談半分で読んで…

ライト書評―『社会科学入門』『密教』『伝える力』について

こんばんは。山崎です。 昨日、こんな記事を書きました。 achelou.hatenablog.com 読書ハウツー本の中には「アウトプットが必要だ!」と書いているものもあれば、「本の内容を吟味しないうちは、批判や書評などしないほうが良い!」と書いてあるものなど、読…

「ライト書評」始めます

「ライト書評」について こんにちは。山崎です。台風上陸の季節でございますな。じめじめした気候の季節は、冷房の効いた部屋でゆっくり読書なんてどうでしょうか。読書の秋なんていいましても、最近は秋という季節の存在を、お天道さまもなかなか感じさせて…

徹夜について

久しぶりに徹夜をしております。この徹夜の間、何をしていたかというと、映画を2本、落語を2本、Google Chromeのブックマークの整理をしてました。何も生み出さぬ不毛な夜でした。それぞれネタになるのだから、ブログでも書こうかなとも思ったのですが、徹夜…

花火大会と祭りについて

私の地元方面には「西武園ゆうえんち」という、東京西部の住民にとってはお馴染みの寂れた素敵な遊園地があるのですが、夏休みの期間、毎週土曜日になると、40分くらいの間でしょうか、花火を打ち上げるのです。 そんな環境であったのにもかかわらず、中学生…

ハウツー難民からの脱却について

治療中です 意識高い系(笑)を卒業したはずなのですが、ライフハッカーなどの「目標達成術」だの、「手帳術」だの、「ノート術」などの記事に目移りしてしまう毎日です。いけません。治そう。 誰が言い始めたのか、「ハウツー難民」という言葉を聞いたこと…

ハエ取りとハッカ油について

害虫に関する記事です。苦手な人は自己責任で読んでください。えぐい話はするつもり無いので、名前を見るだけで震え上がるという人以外は、大丈夫だとは思います。 シェアハウスはコバエがいっぱい! ショウジョウバエの再発見―基礎遺伝学への誘い (新・生命…

ブログについて 20160824

今年の4月は1日に8本ほど2000文字程度の文章を書く環境におりました。文章というのは、しばらく書かなくなってしまうと質もスピードも落ちるんですね(当社比)。今は1日に1本程度になってしまいました。3ヶ月も経っていますし、そりゃそうか。日々鍛錬ある…

「意識高い系」について

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書) 作者: 常見陽平 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2012/12/08 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 215回 この商品を含むブログ (11件) を見る お前ら、そろそろ、大人にな…

ことわざの一部を犬にすると世界はこんなにも可愛い──『犬声人語』について

朝日新聞のコラムに『天声人語』がある。 この天声人語を可愛らしくもじった『犬声人語(けんせいじんご)』という本を購入した。今回はこの本のレビューです。天声人語について語る記事ではございません。 犬声人語 作者: 石黒謙吾,雲がうまれる 出版社/メ…

ブログをやるのは虚しい

無職になった男がブログと仕事について書きます 今年一番説得力のない記事を書く。 さっそく白状すると、僕は今年新卒で入った会社を辞めた。理由は守秘義務規定により公開することはできないが、基本的に僕の努力不足によるものだと思っていただいて差し支…

チンチン電車について

チンチンでんしゃのはしるまち (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん) 作者: 横溝英一 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2002/03/15 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (8件) を見る Wikipediaによると今日はチンチン電…

2次元男性アイドルユニット──特にアイドリッシュセブンについて

アイドル業界期待の星 アプリゲーム『アイドリッシュセブン』IDOLiSH7 1stフルアルバム「i7」(完全生産限定豪華盤) アーティスト: IDOLiSH7,真崎エリカ,佐々木裕,Shinnosuke,野井洋児 出版社/メーカー: ランティス 発売日: 2016/08/24 メディア: CD この商品…

全ての「レビュアー」に読んでもらいたい──『音楽の聞き方 聴く型と趣味を語る言葉』について

音楽を語ること 音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書) 作者: 岡田暁生 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2009/06 メディア: 新書 購入: 22人 クリック: 513回 この商品を含むブログ (89件) を見る 皆さんにとって「音楽を語る」とは何であ…

Kindle Unlimitedで読める私的おすすめ実用書5冊

月額制電子書籍サービス いままで全然気が付かなかったのですが、Kindle Unlimitedなるサービスが開始されたそうで。8月3日よりスタートしていて月額980円で対象書籍が読み放題というもの。実際に使ってみたらストックが10冊までだったりと期待と違うことも…

整理整頓について

「整理整頓」が大の苦手 整理整頓が非常に苦手だ。 苦手どころか今まで整理整頓をしっかりやりきった記憶が殆どない。それは幼稚園から小学校に存在した「おどうぐばこ」や、中学高校時代のロッカー、自分の机、自宅の自分のスペースに関して、はっきり言っ…

ノート術について

文房具好きとノート術 ドン・キホーテやロフトの文房具コーナーや、目的地までの道すがらに世界堂などの文房具店があると、ふらっと立ち寄ってしまうことがある。特に用事無いのに。皆さんはどうですか?文房具店、文房具コーナーには不思議な魔力があるとし…

記事に対する反省と目指すべき良い文章について

「反省記事でありつつ、ブログあるあるを解決するためのエッセンスを散りばめる」というテーマで書きました。一言で言うならば「自己申告制反面教師型エントリー」であります。興味があればどうぞ読んでやってください。 「ですます調」と「である調」 であ…

片付け自己啓発書について

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 作者: 佐々木典士 出版社/メーカー: ワニブックス 発売日: 2015/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (17件) を見る いい加減に目を覚まして欲しい人たちがいる。 …

映画/観たい映画2016年8月 新作編

映画熱再発 映画についての感想記事まがいのものを書いておりますが、今回は個人的にこれから観たい、個人的に観るべきだと感じた作品について記事を書きたいと思います。映画熱が蘇ったのは庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』を新宿のTOHOシネマで鑑賞してから…

蝉と彼女

蝉が苦手な彼女 こんなナリをしておりますが、僕には現在お付き合い頂いている女性がおります。その方は蝉が大の苦手で、蝉に親を殺されたのかと疑ってしまう勢いであります。聞くところによれば、かのゴキブリよりも蝉のほうが苦手というからさぞかしこの季…

ビギナーによるゴジラ、シン・ゴジラの感想

※当記事ではシン・ゴジラについて多分なネタバレを含んでおります※ (画像は公式サイトより) シン・ゴジラ→ゴジラの順番に鑑賞 Twitterを連日賑わせていたシン・ゴジラですが、私もその熱気にあてられて鑑賞してしまいました。評論家の岡田斗司夫さんによる…

映画/ゴースト・バスターズ(1984年) - リブート公開前に初代を予習しました。ネタバレ有り

ファミリー向け映画の代表作 ゴーストバスターズ 1&2パック [Blu-ray] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2014/12/03 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (3件) を見る ゴーストバスターズは1984年に公開されたファンタ…

読書 多読 著者の視点を獲得したい!

本を読め!という会社にいます 私が現在勤めている会社は、月に100冊の読書がノルマです。多読を求められます。この話を人に言うと100冊って意味わからんという反応をされます。そりゃそうだ。私も入社当初は「読めるのかな~」とか思ってましたが、1日に3時…

図書分類法をつかってほしい物リストを作って勉強しような

より面白いことを考えるために 仕事をし始めてつくづく思うことですが、知識がないと新しいものを生み出すことが本当に難しいと感じます。点の記録と題した当ブログですが、新しいものを生み出すには点と点を線で結ぶ必要があるわけです。しかし点がなければ…

本当にやりたいことは、普段勝手にやってること

現在池袋のジュンク堂にいます。池袋のジュンク堂久々に来たんですけど、本当に最高ですね。ジュンク堂最高。本当に伝えたいから2度書きました。やりたいことに対する気づき4月から社会人として働く毎日を過ごしております。まだ残業とかは無いので、仕事が…

『ザ・レイド』―格好良すぎ。見たら忘れられない名作アクション。

君は音が遅れて聞こえるパンチを見たか 映画好きの友人アリクイ君から教えてもらった、インドネシア産の王道本格アクション映画、それが『ザ・レイド』です。 彼からわざわざBlu-rayを借りたのにもかかわらず、先月まで観ておりませんでした。見なかったこと…

リハビリ:慣れの怖さ、慣れの強さ

お久しぶりです 記事を書くということをお休みしていました。何故かと言うと、「文字を書くのが嫌だ」と思うくらいの量の文字を書く環境に自分の身を置いたからです。詳しく話すと特定されかねないので言えませんが、4月から働く職場がSEOに力を入れている…

個性について

「個性」ってものを持たないといけないって思っているときは、自分のことしか考えていない時であることが多いと思いました。 何か周りとは違うことをしなければならない、何かしらの能力が抜きん出ていたりしないと、自分というものを見てもらえない。そうい…

ごめんなさいポケモンはバグらせて遊んでました

僕とポケモン 1996年2月27日、「ポケットモンスター 赤」「ポケットモンスター 緑」が発売されました。 2016年の今年、ポケモンは20周年です。 1996年といえば私はまだ4歳でした。僕がポケモンの存在を知ったのは、おそらくゲームが発売したその翌年に放送が…

ゲームについての散文

Game On 行きたい 「GAME ON ゲームって なんで おもしろい?」というイベントが、日本科学未来館で開催中です。3月2日から5月30日までの大型イベントで、山崎は個人的にものすごく行きたいです。多分3回くらい行くと思います。プレイアブル展示が120以上あ…

コヤマナオコ他『100万トンのバラバラ オリジナル・サウンドトラック』―ポンコツほっこり

100万トンのバラバラ―面白いタイトルですよね。 2010年にアクワイア開発、ソニー・コンピュータエンターテイメントから発売された” 解体切断アクション”ゲームです。所謂、パズルアクションゲームと言ったほうがしっくりくるのではないでしょうか。 僕はこの…

小室直樹『小室直樹の資本主義原論』―マックス・ヴェーバーを読むのにも使える

小室直樹の資本主義原論 作者: 小室直樹 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 1997/02 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (8件) を見る この本の目的は、あなた自身を経済学者にするにある。エコノミストにするにある。 …

風邪→風邪

ブログ、更新頻度あげようとか、今日も選考先でバイトだ、がんばろうとか 何かやろうとするタイミングに合わせて風邪をひきます。 体調不良をすぐにやらかすというのは、人の世で生きるには少し不利です。「信用」をなくします。 信用は人間が他の人間と関わ…

平沢進『SIREN』―優しいサイレン

SIREN 平沢進 リリース:1996年8月1日 電光浴-1 サイレン*siren* On Line Malaysia Siren*セイレーン* Nurse Cafe Holy Delay Gemini Day Scanner Siam Lights 電光浴-2 Mermaid Song 夕暮れ時に聞きたくなるアルバムは何ですか、という日常ではまず聞かれな…

ブログの名前、変えました

ちょっとはブログらしくなったでしょうか。 "Achelou_Web"改め、"点の記録"です。 中二病感、増しちゃったかな。 以前の"Achelou_Web"ですが、気取っている上にブログなのかなんなのか、パッと見分からないものでした。まずAchelou*1ってなんだよという。こ…

『はたらく数学』―微分積分なんてどこで使うの?

はたらく数学 25の「仕事」でわかる、数学の本当の使われ方 作者: 篠崎菜穂子,日本数学検定協会 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2015/05/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 小学校の分数で躓いてからは、僕の算数、…

『哲学はなぜ役に立つのか?』―概念で考えることが哲学

哲学はなぜ役に立つのか? 作者: 萱野稔人 出版社/メーカー: サイゾー 発売日: 2015/08/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 「昔の思想を勉強したり、教養として頭に入れておくということは、現代社会を理解する上でとて…

『脱社畜の働き方』―労働の当たり前を取り戻す

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法 作者: 日野瑛太郎 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2013/09/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 厚生労働省の「平成26年度過労死等の労災補償状況」によれば、過労が原因の脳・…

どっち付かずマンによる考察

コーヒーはブラックで飲みたい時と、めたくそに甘くしたものを飲みたい時と、気分によって飲みたい味が変わる。僕の周りには、ブラックが好きならブラック、カフェラテが好きならカフェラテ、マックスコーヒーが好きならマックスコーヒーと、自分の好きな味…

偉人の言葉に興味が持てるようになる本

落ち込むことを予測して こんな本を買った。 5分で「やる気」が出る賢者の言葉 (小学館101新書) 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2009/12/01 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (3件) を見る 去年の大晦日、来るべ…

100円チョコバーの猛威

ブルボン 濃厚チョコブラウニー 1個×10個 出版社/メーカー: ブルボン メディア: 食品&飲料 この商品を含むブログを見る 2015年で僕が最も買ったお菓子がある。それがこの「ブルボン 濃厚チョコブラウニー」である。 なぜ僕がこのお菓子を買いまくってしまっ…

未完成を恐れない

未完成 大作曲家たちの「謎」を読み解く (角川SSC新書) 作者: 中川右介 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川マガジンズ 発売日: 2013/06/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る クラシックジャーナル編集長中川右介氏が、大作曲家として知られるシ…

クソ読書のススメ

※個人的な本の読み方についての記事です。途中下品な表現もあります。要注意。 クソ読書とは 今回は僕が行っている「クソ読書」について書きたい。 クソ読書とは「読書に対して"真面目"で、"勉強熱心"な認識を持っている人から見たら、クソみたいなスタンス…

カフェだらけの日常 高井直之著『カフェと日本人』

日本人にとってのカフェ カフェと日本人 (講談社現代新書) 作者: 高井尚之 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 経済ジャーナリスト、経営コンサルタントの高井直之氏が日本人とカフェ、及び喫茶…

食事健康本はもういいや

絶対に正しい情報なんて無い 運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 [決定版] 作者: 森拓郎 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2014/02/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る ジョコ…