点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

社会科学と倫理の教科書を買ってみたらとても良かったっていう話

ポイント!

  • 教科書を買ってみたらかなり良かった。
  • 「もう一度読む山川シリーズ」よりも、実際の教科書を買おう!
  • 教科書はAmazonではなく、教科書取扱専門店や、山川出版社のHPだと安い。

 社会科学の本を数冊買って実感したことがある。
 それは、「俺、歴史とか倫理全然分からん」ということだった。
 公務員試験の勉強をしていたものの、マークシート試験用の知識としてインプットされていたもので、詳しい話までは全然頭に入っていない。流れもよくわからない。

 現在の僕は、絶賛されている歴史に関する本や古典を読んだとしても、全然おもしろく感じなかったり、眠くなったりと散々である。罰が当たるかもしれない。

 思い返せば高校時代、歴史の授業は殆ど寝ていたし、受験のために勉強した政治経済も、しっかりまじめにやっていたかといえば全然そんなことは無かった。大学入試だって、偏差値の低い夜間学部だったから、たいして勉強しないでも受かった。
 倫理なんて僕の一個上の先輩の代から必修じゃなくなったから、「ん?カント?誰よ。」な状態だった。

 ただ色んな本を読みたい!すんなり理解したい!という思いは募るばかり。
 どうするべきか……と頼ったのが佐藤優氏の「読書の技法」。
 彼の読書関連本では、高校卒業までの基礎的な学力が無ければ、読書をする際に苦労するという旨が書かれている。そりゃそうだ。ド正論だ。
 現代文が不得意ならばそもそも本を読むことすらおぼつかないし、数学や科学、物理や生物など、理系科目ができなければ論理的思考でモノを考えることもできない。そういう人は文系だと思っていた哲学の古典で、ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」など、論理学系を読んで痛い目を見る。僕のことだ。
 社会科学の学術本や哲学本は歴史の話題がドバドバ出てくるし、政治経済の仕組みも知っていなければ社会を論じる新書を読んだって深い理解は得られない。そもそもニュースで日本に何が起こっているか分からない。マズい!マズいぞ!!

 ということで、購入しました。
             f:id:achelou:20150729162021j:plain

山川出版社「詳説 日本史B」「詳説 世界史B」「詳説 政治経済」
     「日本史A」「現代の倫理」 

 

 実家にあるかどうか定かで無いのと、最新版が欲しかったので新しく購入しました。色んな本や入門本を読んだけど、教科書ってやっぱり凄いなと思ったのです。
 まず、オールカラー。そして内容量と質の割に安いということ。

 「ビジネスマンのための歴史入門本」みたいなのを買うよりも、圧倒的に教科書のほうがわかりやすい。そりゃそうだ、社会人ではなく、高校生でも分かるように書いてあるし、受験勉強も想定して作られているため、筆者の余計な考察などは入らない(その分自分で工夫しないと覚え難いかもしれない)

 個人的に一番買ってよかったと思ったのは「現代の倫理」で、この教科書は哲学の本は難しいとあきらめている人にはとてもおすすめしたい。
 哲学ってもしかするとめっちゃ楽しい分野なんじゃ……と思えるようになる。
 ついでに歴史の知識も入る。
 社会思想の本を読みたいけどいまいちよく分からん……と思っている人は、是非この「現代の倫理」を読んでみてほしい。

どこで買うのよ

 山川出版社の教科書はアマゾンでも購入できる。だが、教科書販売所や出版社のサイトからの購入のほうが安いので、教科書はAmazonで買うことはおすすめしない。面倒くさいなら止めないけれども。
 さらに注意が必要なのは、「もう一度読むシリーズ」だ。
 社会人向けに山川出版社から出ている教科書再編集版のような本である。しかし、実はこの「もう一度読むシリーズ」は教科書よりも高いのと、白黒である。

 先ほどおすすめした「現代の倫理」を比べてみよう。

Amazonで「もう一度読む山川倫理」を購入すると新品で1,620円だ。
一方、山川出版社の通販サイトで「現代の倫理」の価格を見てみると、
なんと465円(非課税)である。内容はほぼ同一だった。なんでだ。
 もちろん送料などがかかってしまったり、サイトを迂回しないとクレジットカードは使えない、発送がAmazonと比べて遅いなどの欠点はあるが、カラーで読みたい人にとっては単純に考えて1,000円以上損だ。
 倫理の教科書に限らず、日本史や世界史の教科書も半額近く安いので、興味のある人は山川出版社の公式サイトにアクセスしてみてはいかがだろうか。
 
 ニーチェの「ツァラトゥストラはこう言った」(岩波文庫)に挑戦中!
 現代の倫理を読む前に比べて、確実に分かりやすくなっていてびっくりしたよ!

 

山川出版社公式サイト

http://www.yamakawa.co.jp/