点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

「主人公は僕だった」を観た(2006年 アメリカ)

胸熱コメディ!

 日常の何気ないことにも意味ってあるもんだと再認識させられるとても良い映画だった。

あらすじ

 内国歳入庁に務める堅物の会計調査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、自分で決めた規則に正しく行動し、淡々と仕事をこなす単調な毎日を過ごしていた。

 ある日、いつもの時間きっかりに起床し、歯を磨き始めると、自分の行動を説明する女性の声が頭に響くようになる。行動を起こすたび、そして何かを思うたび、文学的な表現で自分を説明する謎の声に翻弄され、仕事にも集中できない。

 声にイライラし、セラピストに世話になっても治る気配がない。ストレスが溜まりうんざりしたころ、謎の声が彼の死を予言しはじめた……。

 主演は「俺たちフィギュアスケーター」「マーシャル博士の恐竜ランド」のコメディ俳優ウィル・フェレル
 脱税をしているベーカリーの女店主アナ・パスカルは「ダーク・ナイト」でレイチェルを演じたマーク・ギレンホール。
 主人公クリックに助言をする文学教授役にダスティン・ホフマン、物語の重要な鍵を握る悲劇作家カレン・アイフル役にエマ・トンプソン

 監督は「ネバーランド」「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター

ウィル・フェレルのイメージ変わった

 主演のウィル・フェレルはコメディ俳優として活躍している。オースティン・パワーズや邦題では「俺たち○○~」シリーズではお馴染みの俳優さんで、そのおかげでお下劣ネタ満載のコメディ映画に出演しているイメージが強かった。
 一番最初に彼を観たのは「俺たちフィギュアスケーター」だった。もうその印象が強すぎて「ウィル・フェレル?あぁチャズ・マイケル・マイケルズでしょ?」って感じだったのだが、今回はそのお下劣はなりを潜め、不器用でクソ真面目な会計調査官役だ。これがかなりハマっていたんじゃないかなと思う。
 死の予言をされた時のシリアスな荒れ方や、生きることについて思い悩む様は、自分が彼と同じ立場になったらどうなるだろうと感情移入できる熱演ぶりだったように思う。しっかりとコメディなところもあるけれど、僕が知らないウィル・フェレルを見れたので、そこが一番新鮮だった。

事実は小説よりも奇なり

 フィクションの世界か、はたまたノンフィクションの世界か。インセプションには遠く及ばないが、その錯覚を使ったトリックが面白い。終わり方もちょっと強引かな?と思ったけど纏まっていると思う。最後は彼の物語に一つの区切りが付く形で終わるのだが、それは見てのお楽しみ。
 終盤は生きる意味や日常の些細な出来事をどう認識するかという、自分自身の物事への態度を考えさせられるメッセージが込められている。

 映画全体のノリはそこまで重くなく、むしろ軽いと思うので気楽に観れます。
 ぜひ家族や恋人、友人など、複数人で見て欲しい作品だ。

 

より詳細なストーリー紹介、予告編などは公式サイトで。
ただしちょっとネタバレがすぎるんじゃなかなって感じだ。

主人公は僕だった 公式サイト

http://bd-dvd.sonypictures.jp/strangerthanfiction/site/home.html