読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

失われた木曜日

風邪

 風邪をひいた。二日前まで37.8℃という微妙な熱も出たが、今ではすっかり下がった。
 しかし、まだ喉が異様に痒く咳も出ている。
 ということで医者に行き薬を処方してもらった。
 眠くなる薬も混ざってたので、飲まないようにしようと薬をもらった時は思っていたのだけど、いざ薬を飲む段になって何か別のことをぼーっと考えていたのか、自分のことのくせに分からないのが情けないが、その眠くなる薬をうっかり飲んでしまった。

 結果、近年稀に見る爆睡をかましてしまった。
 夕方くらいにちょっと一息……と机に突っ伏し、いつの間にか入眠。目が覚めると、これまたいつの間にか布団に横になっており、時計は22時を指していた。

やれなかったこと

 役所に行こうと思っていたのだがそれも叶わず、やろうと思っていた課題は手付かずのままだ。最悪だ。
 すべてが睡眠に奪われた心地がして猛烈に悔しい。終いには時間的な余裕を度外視して「あれもできた」「これもできた」と嘆く始末。久々にネガティブモードを発動し、30分間ずっと布団の中で一人、葬式のような心地で突っ伏していた。その30分こそが最も無駄な30分じゃないかと言われればごもっともなんだけど。

取り戻せ木曜日

 くよくよしてても仕方がない。とりあえず行動せねば。
 まずシャワー、そして皿を洗い、ゴミをある程度片したら机を整理して課題をしよう。
 課題がやけに後回しだなというクレームは受け付けない。
 おそらく、徹夜が決定した。課題が終わるまでは眠ることはできない。
 
 久しぶりに徹夜を決意したかもしれない。いつもなら早起きして作業しようと思うのだが、量が量なだけにちょっと自信がない。なまじ昼寝で時間を失っているマンに変身してしまった今は、これ以上惰眠を貪るまいという生理現象への反抗心、あるいは恐れに近いプレッシャーを抱いている。

 今度は5時台に睡眠に入らないよう注意しながら、久しぶりの夜更かしをポジティブに捉えつつ、楽しみながら作業しようと思う。

 

 一番の問題が、この記事書いている時点で眠くなってきているということである。

 

よく眠るための科学が教える10の秘密

よく眠るための科学が教える10の秘密

 

 

 

睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)

睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)