読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

片付け自己啓発書について

思ったこと 読書
 
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 いい加減に目を覚まして欲しい人たちがいる。

それは「片付けをするとうまく行く」という自己啓発本を愛読して、部屋が綺麗になれば人生うまく行くと思っている人たちだ。僕は断捨離系の本は何冊か読んでいるけれど、断捨離どころか本や余計なものが増える一方だ。それもそのはずで、本やその他の雑貨を収集することを選択しているからだ。はい、開き直りました。あっしはねぇ、物が多いほうが落ち着くんでやんす。

部屋が綺麗であることは良いこと、物が少ないことは良いことであるという価値観は持ってないし、そういう現在の姿勢からの脱却するつもりはありません。でもあえて今回は私のスタンスとは正反対をいく「ミニマリスト」や、片付け自己啓発について思っていることを書きたいと思う。

「片づけ本から学べること、特に断捨離系の本から学べることとは何か?」という問いがあった時に、それは「自分の物欲を俯瞰するという視点が身につく」ことであるように思う。

多くの断捨離系、ミニマリスト系の本は、「自分の人生にとって必要最低限のものは一体何か?」ということを読者に投げかけてくる。これにしっかりと向き合った人は、読んだ直後はまるでかかっていたモヤが晴れたような心地になっているし、すぐにでも片付けにはいろうとする人も少なくないはずだ。

そこからすぐに行動できる人というのは、自分の人生に向き合い、ある程度の未来への願望(目標や夢などへのモチベーション)が働いて、それを達成するために自分が今何をすべきか?という評価軸を手にいれた人であり、尚且つ実践するエネルギーがある人だ。そういう点では、人生について考えた人のほうが、捨てる捨てないの判断は容易であると推測する。

漫然と毎日を過ごし尚且つ汚部屋で生活している人というのは、こういった問い立てすら満足にしてこなかった可能性がある。「自分の人生に必要な最低限なモノ」ということは、まず自分がどういう人生を送りたいかということを規定しなければならない。

こうした断捨離系の考えを実践しようとして失敗する人の中には、「何を捨てるかを考える」だけで、へばってやめてしまった人もいるんじゃなかろうか。慣れてこなかった人たちは、これだけでも意外と頭を使う。私がそうだった。まず何を残すのか?と考えたとき、ミニマリストなんて程遠いほどに物が残りすぎてしまう。何もかも自分の人生に重要かもしれないという強迫観念に似たものがあるが、それではいつまでたってもモノは減らないし、自分にとって何が重要なのか定まっていない証拠だ。

目標がある人ほど、「あれはいる、これはいらない」と区分けすることができると思う。そうでない人の場合は自分の人生にとって何が重要なのかを見出す基準が無いため、こうした作業さえ難しく感じてしまうのではないだろうか。

というかそもそも、「部屋が綺麗であるか」は人生における成功の成就との直接的な因果関係など無いよね。整理整頓させた状態がグッドな人がいれば、そのまた逆もしかしである。お部屋が汚くても成功している人はたくさんいるんじゃないかな。そういう点から部屋の綺麗さと人生の充実度は関係ないように思える。他の自己啓発本でもそうだけど、「その方法でうまくいくなら苦労しないぜ」って感じだよね。

なんで断捨離とか片付けで人生が好転する人がいるのか?ということだけど、自分の人生や5年後10年後自分はどうしているのかということを考える切っ掛けになるからだと思う。先程も書いたとおり、片付け系の本は、自分の人生にフォーカスをあて、重要性を感じるものを残す、もしくは重要だと感じたものを手に入れ、後のものは捨てるという行動を取る。捨てた後は自分の人生に重要なものしか残らないので、それはそれは快適で、スッキリとした生活を送ることができるはず。

対して、「自分の人生に必要な最低限のモノ」を自分の今後や人生の目標というものを考えることなく決定してしまった人の場合、ただ単に、無駄にモノを捨ててしまっただけという残念極まりない結果に陥ってしまう可能性がある。人生がしっかり見えていない人にとって、ミニマリズムというのはそれほど効果が無いのでは?と思う。

だからといって、そういった本を読むことに意味がないと言うつもりはござらん。自己啓発云々、成功云々に興味が無い人であっても、片付け本やミニマリズムの本は役に立つと思う。ミニマリズムや断捨離とは、「自分がほしいもの、捨てるものを自分で決める」ということじゃないかな。広告や宣伝文句に躍らされることなく、5年後10年後を見据えて、今自分が必要だと感じるものを選びとるという姿勢は、片付け以外の話であっても通用するような深いテーマであると思う。忌避して読まないのは勿体無いんだよなあ~と思います。

 

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

 

 

 

モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活

モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活