点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

『新釈 走れメロス 他四篇』──プレゼントしたい森見登美彦

今週のお題「プレゼントしたい本」

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

 

大学1年生の頃、社会学部のゼミで行われた「プレゼンテーション」の講義で、5分間の読書レビューをしようということになった。さて、本と言えばハリーポッターシリーズしか読んだことのなかった当時の山崎である。読書レビューの準備の課題が出されたその日のうちに、なんとかハリーポッター以外の書籍を獲得し、5分間を駆使して、魔法世界にうつつを抜かした童貞ボーイだと思われぬようにと書店へ赴いた。その時、手に取ったのが森見登美彦の作品、『新釈 走れメロス 他四篇』である。これが、薄いようで深く、くどいけれどさわやかで、独特な文体とは裏腹に、ベースは京都を舞台とした青春ファンタジーな森見登美彦作品にどっぷりはまるきっかけとなった本だ。

森見登美彦と聞けば思い浮かばれるのはアニメ化もされた『四畳半神話大系』だろう。アニメ化されたのだから森見登美彦作品を小説で読むのなら、この作品から入ろうとする人も多かっただろうが、実はそれほど初心者向けではない。まず『四畳半神話大系』は、長い。しっかりと小説を読みこなした人向けの文量だし、普通の小説にはあまりない「ループ」というトリックがあって、なかなかつかみにくい作品だ。アニメを観て、原作が気になったので読んでみたが、挫折した!という人もいるのではないだろうか。

僕が森見さんを人にオススメするとき、決まって紹介する入り口の3冊がある。『夜は短し歩けよ乙女』『太陽の塔』そして何と言っても、『新釈 走れメロス 他四篇』である。前2冊はそれほど長くはないが長編、今回この記事で紹介したい『新釈 走れメロス 他四篇』はタイトルからも分かる通り、短編集だ。だからサクサク読める。しかも、「近代文学の名作たちを、敬意を込めて森見風にアレンジする」という面白い試みで、『山月記』『藪の中』『走れメロス』『桜の森の満開の下』『百物語』の5作品が収録されている。本屋でブックレビューする本を何にしようかと品定めをしていた僕の心は、第一篇『山月記』によって奪われたのである。

 京都吉田界隈にて、一部関係者のみに勇名を馳せる孤高の学生がいた。
 その名を斎藤秀太郎という。 

山月記の主人公、博学の英才である隴西の李徴と比べると、なんともスケールの小さい界隈で勇名を馳せ、さらにその場所において孤高と評されるとは、これいかに。ギャップだらけのこの一文が、僕と森見作品との出会いであり、間違いなく面白い作家さんなのだと確信した僕は、後の文章を読まずに、そばに置かれていた『夜は短し歩けよ乙女』と一緒に購入した。

おすすめは第1篇『山月記』と、第3篇『走れメロス』。この2つはギャグ満載。主人公のことをおちょくるような描き方といい、テンポといい、暇な時にちょっと一口という具合に楽しめる長さといい、大変に好み。『走れメロス』は本書随一のテンションの高さ。「友人のために走る」という原作からかけ離れ、「友人なんてしらない、兎に角自分が逃げれば良い」というなかなかにクズな主人公芽野史郎と、彼を捕まえて罰ゲームをさせようと躍起になる図書館警察長官が引き起こすドタバタコメディになっている。書き出しだって、こうだ。

 芽野史郎は激怒した。必ずかの邪智暴虐の長官を凹ませねばならぬと決意した。
 芽野史郎はいわゆる阿呆学生である。汚い下宿で惰眠をむさぼり、落第を重ねて暮らしてきた。しかし厄介なことに、邪悪に対しては人一番敏感であった。

巻頭には森見版『走れメロス』のファン以外の人には特に不必要な、芽野史郎がどのように京都の街中を逃げ回ったのかという逃亡図がついており、これを見てから読んでみると、芽野史郎と図書館警察陣営たちの逃亡劇が、頭のなかでアニメのように、臨場感たっぷりで再生される。収録されているどの作品も、森見さんの魅力が存分に詰った短編だ。秋の夜長に読むのには幾分にぎやか過ぎるかもしれない。けれども秋は読書の季節。「今年の秋こそ読書三昧するぞ!」と意気込んでいる方々もいるに違いない。「面白い小説が読みたい」とか「何も考えずに笑えるような本が読みたい」という人がいたとして、こちらがお金を出すから、これ読んでみてよ!と言いたくなる作品は、この短編集に掲載されている作品の他には、あまり見当たらない。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 
太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)

 

 

角川からもイラストレーター中村佑介さんがデザインしたカバーで発売されている。芽野史郎逃亡図が収録されているかは未確認なので注意されたし。

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)

 

過去記事です

 

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com