点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

記事タイトルで質を騙さないとブログなんて読んでくれない

タイトルの付け方を変えようと思っている。

「〇〇について」というタイトルの付け方をここ数カ月にわたってしている。それまでは何かとタイトルを考えるのに時間を掛けていた。どれだけ時間を割いても、これいいじゃんと思えるような、魅力的なタイトルを付けられた試しがなかった。それが煩わしくなったので、タイトルにテンプレートを作ってみようと考えた。それが間違いだった。

シンプルなタイトルで、あまり飾り気を出さずに、謙虚な姿勢を出せる表現は無いかなと考えた結果が、「〇〇について」というものだった。ショーペンハウエルの岩波文庫から出ている著作っぽいし、かっこよくない?と思った。それに、僕の文章はよく脱線するなぁと思っていたので、「〇〇について」というタイトルにすれば、内容を一つのテーマに絞り、まとまりを持たせることができると思ったからだ。予想は裏切られた。

結局、タイトルが変わっただけで記事の内容が充実するはずもなく、相変わらずの脱線と、机上の空論にまみれた中身スカスカの記事が量産された。また、どうやってこの文章を多くの人に読ませてやろうという気力も無くなっていた。モチベーションは下がる一方だったのだ。

そこで、このブログの目的を振り返ってみようと考えた。

当ブログは運営者である僕の個人的な考え事や本を読んで感じたことなど、未だに点でしかない情報をブログにドンドン打っていき、線で結んで新しい認識を作っていけたらいいな〜という意識高めのミッションを看板とし、実際には読書仲間や映画仲間、趣味を共有できる人脈を作ってやろうという、超個人的な願望を達成するために運営されているのだ。人脈を作ることも含めて、もう少し広い意味あいをカバーする言い方に変えるならば、「趣味を深めるため」にブログを運営している

そういえば前職から現在の職につくまでの間の迷走期間中に「ブログは公開オナニーだ」ということを、まさしくこのブログで書いた。今もその意見は変わっていない。自分勝手にシコシコ考えた妄想や想像を、自己責任で、全世界の人が閲覧できる環境であるインターネットというドドメ色のプールに放流しているのだ。世のブロガーなる方々は、ドドメ色のプールに放流するものを、キラリと光るダイヤモンドにしようと努力している。それを怠ったのだ。ブログという土俵で自分の意見を発表するマナーを守っていなかった。

そもそも仲間を増やすには、読まれる記事を書かねばなるまい。読まれる記事の大前提は何か?と考えた時、とりあえず目を通してもらえることが重要になることは間違いない。もちろん中身は重要だ。しかし、ぶっちゃけ、タイトルが良かったらその記事の中身が面白かろうがつまらなかろうが、なんだかんだ最後まで読んじゃうのがブログだ。記事の見た目や第一印象というのは、質よりももっと大事なのだ。見た目、第一印象が悪い記事をTwitterやFacebookにシェアしたところで、誰が見てくれるだろう。

「〇〇について」というタイトルの付け方について反省すべき点は、まだある。このタイトルの付け方一本でいく方針は、自分にはまだ早かったのだ。このようなタイトルをつけられる記事は限られる。ある程度、社会から価値を認められた人が、「え!?この人が〇〇について書いてるの!?」という興味関心を作り出す場合など、書き手がある程度の権威性を持っていなければ効力を発揮しない。

博覧強記のショーペンハウエルという人が、「読者について」書いてある本だから手に取る。そういう意味では、僕が「〇〇について」というシンプルなタイトルをつけられる日は来ないかもしれない。凡人以下である僕は、一生懸命に目を引くキャッチーなタイトルをつけ、堂々と公開自慰をする人になる覚悟をしなければならない。「〇〇について」などと、それだけでは中身が想像できないようなタイトルをつけて、お高くとまってはいかんのだ。この人が書く文章は絶対面白い!というバリューがつくまでは、面白いタイトルで質を騙すしかない。

ブログは、ニュースサイトやマスメディアと違って、情報の正確さやありもしない中立性を求められない。いや、本当は正確な方がいいし、極端な意見を書いたら敵が出てきて面倒なので、角の立たないような優しい表現を使うスキルは必要かも知れないけれど。しかし、そんなことを気にするのは割に合わない、と思い始めている。ほとんどのブログ記事は、読まれずにネットの藻屑となる。読んでも読まなくてもいい情報ばっかり書かれていると思われているからだ。

社会に役立つ情報を発信するには、池上彰さんや佐藤優さんのように、毎日異なる新聞を10紙ほど目を通し、毎日3〜6時間読書をし、ネットに出回っている情報の真偽を自分の持てるスキルで選別し、猫を愛し、リベラルアーツセンターで教鞭を振るうくらいにならなければ、役に立つ情報を発信してくれる人であると社会からは認められないのだ。

どうでもいい話題を、よく練りもしないままにテキストボックスにぶつけて、それをどうぞ見てくれ!とはおこがましい。まずは想定読者層に対して魅力的なタイトルを見せて、最初の数行までは気を使ってあげなければならない。尻尾を振らねばならない。凡人がモテるためには、モテる努力をしなければならないのだ。少しでも趣味を分かち合える人を作るべく、今後タイトルにも気を使って記事をシコシコ書いていく。

タイトルに騙された!と思われないように、記事の質もあげていかないとなぁ…と、綺麗事でもって締め括る。

みなさま良いお年を。来年も「点の記録」を何卒よろしくお願い致します。