読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

切れ痔の話

記事を読んでいただきありがとうございます。ただタイトルからお察しの通り汚い話をするので食事をしながらの閲覧に関しては一切の責任を取らない。

また切れ痔になった。

また、とはどういうことか?恥を偲ぶ必要が無いのにもかかわらず、自分勝手にカミングアウトするならば、僕は比較的切れ痔な人間である。2~3ヶ月に2~3日はお尻から出血をしている。初めて切れ痔になったのはおそらく中学生の頃で、「これが痔なのだな……」と感慨深くトイレでしんみりとしながら血を拭った記憶は忘れない。忘れたい。

痔に関して無知だった僕は、つい最近まで痔の恐ろしさについて知らなかった。痔をなめていたのだ。ボラギノー○のCMのせいでもある気がする。恥じらいを取ってくれるような演出をしてくれるならまだしも、むしろ痔の人をコミカルに描いているので、ボラギ○ールを使用するのですら恥ずかしくなってしまう。だがとある電子書籍を読んでしまったお陰で、今すぐにでも薬局にボラ○ノールを買いに行きたい気持ちで頭がいっぱいだ。

 

「お尻のお悩み解消法」 恥ずかしくない!正しい肛門科のかかり方 (impress QuickBooks)

「お尻のお悩み解消法」 恥ずかしくない!正しい肛門科のかかり方 (impress QuickBooks)

 

 最近、疑問に思ったことはAmazonの本カテゴリーで検索している。ググるではなくアマゾることで、自分の興味関心その他周辺知識が詰まっている本を検索できるのだ。そこで最近の習慣にのっとり、Kindleストアで「痔」と検索してみた。そして出てきたのがこの本だ。

名前のキャッチーさにさほど信憑性が無いビジネス本ライクな空気を感じるが、痔の主な症状や実際に肛門科にかかると、どのような手術をしてくれるのか、どうすれば恥ずかしくないように肛門科をにかかれるのかというテクニックを教えてくれる、痔を治したい!と考えている人のための本だ。本当にこの本を読んでよかったと思っている。その理由は、本書の「おわりに」を読んでみると分かる。

全国に大腸肛門科を標榜している医療機関はたくさんありますが、そこで診療を行っている医師の技術レベルには大きな差があるのが現状です。(中略)

大腸肛門科の専門施設で長年修行を積んだ、信頼のおける「心の専門家」がいるいっぽうで、大腸肛門科のトレーニングを受けたことがない医師が、「内科胃腸科」として開業するついでに肛門科を標榜し、おかしな治療を行っている例もあるのです。(中略)

切りすぎた肛門は元にもどりません。未熟な手術をうけることで、生涯取り返すのつかないダメージを残す可能性もあるのです。

信頼のおける肛門科医にかからなければ、いい加減な手術をされ、その結果うんち垂れ流しの危険性があるということである。本書は痔の手術方法も簡易的ではあるが概要を教えてくれるので、事前知識として持っておけば、医者の言っていることに対して「何かおかしいかもしれない」と気がつくことができるかもしれない。

この本をキッカケに、痔の本を何冊か読んでみようと思えた。医療の分野は一つの知識に固執すると危険だ。この記事を見ているあなたが痔で悩んでいるのだとしたら、別にこの本じゃなくてもいい。図書館やブックオフでもいい。痔についてしっかりとかかれた本を一度読んでほしい。手遅れになれば、洒落にならないのだ。

痔になる原因というのは、本当のトコロ、あまりわかっていないらしい。本書によれば、「運」によることが多いようだ。肛門の溝がたまたま深かったり、いきむ癖を持ってしまったばっかりに、細菌が溜まりやすい環境にたまたまなってしまった……という人が痔になるのではないか?という趣旨が痔の原因に言及している部分で書かれている。恨むなら自分の肛門の形を恨むしかないのだ。現代人たるもの、もし痔になってしまったらば、天から授かったものとして諦め、痔について勉強し、しっかりと対処しなければ、おちおちデスクワークも出来ない身体になってしまうかもしれないのだ……。

最新 大痔典:機能回復した「オシリ」は美しい

最新 大痔典:機能回復した「オシリ」は美しい

 

 

 

痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

 

 

 

平田雅彦の切らずに治す痔の本 (名医の最新治療)

平田雅彦の切らずに治す痔の本 (名医の最新治療)

 

 

 

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com

achelou.hatenablog.com