読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

ブログを書く目的の更新

ブログ書きます!という記事を書いた途端、更新頻度が下がったことについて書きたい。

ブログ更新の目的として、「読書、映画、音楽などの趣味で繋がれる人を見つける」というものを掲げていた。この目的を達成する一環として、ブログが適当かと思っていたからだ。しかし、ブログをシコシコ書いているよりも絶対にいい方法がある。

「好きな人で集まっている場に行く」ということだ。

当たり前のことに気が付かなかった。これに気がついて、「じゃあ何のためにブログを書いていたんだろう」という気持ちがしてきて、3月は一気に更新頻度が落ちた。実際に、映画のオフ会や、同じアーティストが好きな人が集まるDJイベントなどに足を運んだ結果、爆発的につながりができた。

更新頻度が落ちた理由はもう一つある。アクセス数だ。

アクセス数の推移だけど、更新をたくさん頑張った月と、今月とではそれほど大差がなかった。アベレージが大体1日50セッションくらいなんだけど、更新しようが更新姉妹が、それが変わらない。更新しても意味がないんじゃないかと感じてしまった。

さて、ここで山崎がやるべきことは何なのかというと、ブログを更新する目的を改めることだ。なぜブログをやりたいのか?ということを考えなおす。「書きたくないならいいじゃないか」という意見があることはわかる。僕もそう思う。だから更新を止めていたんだ。ただ、目的を再設定したところ、やっぱりブログ書いてたほうが人生楽しそうだぞ、ということに気がついたので、もう一度書きはじめてしまっている。

なぜ目的だとか目標だとか急に言いだしたのか。「意識高い病」の再発か?いやいや、違います。僕の目的は、「意識高い系」が設定するような目標とは比べ物にならないくら低い。月とスッポン。ただ、何かにつけて目的や目標って大事だよなという考えは抜けていない。

以前ブログはオナニーだということをしきりに書いていた。人間はオナニーがしたいとか、セックスがしたいとか、そういった動物的な欲求を満たすのにも目的がある。オナニーにしろ、セックスにしろ、共通するのは「性欲を満たしたい」というものだ。もっと抽象的な表現をするならば、「子孫を残したい」という生物本来の目的からくるものでもある。

人間は目的を失うと動くことができない。オナニーですらそうなのだ。炊事、掃除、洗濯、皿洗いなどの日常やるべきことから、仕事や恋愛に至るまで、あらゆるものに目的を求める。なぜそれをするのか?という理由がある。それを自分で決めなかったものに対しては、さほどエネルギーなんて出てこない。出す必要がないものに対して努力をすることは、脳みそは無駄だと判断するからだ。

ということで、なぜブログを書きたいのか、ブログを書く理由や目的を更新した。

しかし更新した目的や目標などは非公開にしておきたい。

じゃあなんでこの記事書いたんだ。

非公開にしておきたい理由がある。意志薄弱ゆえ、一度宣言した目的や目標が自分を縛り付けることになるということが、この1ヶ月間の中でとてもわかった。僕の脳みそは基本的に怠け者らしく、明確な目的よりも、漠然としたワクワク感の方がテンションが上がって行動に結びつきやすい。

そして非公開にしておきつつも、じゃあなぜこんな面白みもない記事を書いたのだ?ということだけど、「まだやってますよアピ」とか、「なんだか寂しいと思ったから」とか、「漠然と書きたくなってきたから」ということもあるけど、一番は「目的や目標をただ書いただけの記事のほうがつまらんよな」って思ったから、最後にそのことに触れて終わる。

もしかしたらこの記事も含めてそうかもしれんけど、ただ単に目的だけダラダラ書いてある記事なんて、読んだ人の役に立つことは少ない。ブロガーという狭い世界で傷のなめ合いをするだけだ。人生の目標宣言や、ブログの目的をダラダラ書くというのは、オナニーのオカズを公開するとか、こういう人と結婚してセックスしたい!ということについて語るようなもんなんじゃないかと考えている。そんなものは別に人に言わなくてもいい。プライベートな情報として持っておいた方が、いろいろ困らない。

少なくとも、変態が!と言われるリスクは少なくなるんだしね。