読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

「やりたいのにやれない」は「やりたくない」が絶対に正解

 

このブログを通して読書好きや映画好きと知り合いになるのだ!という夢を描いていたのだけれど、このブログ以外の方法を使って、それが叶った。それが去年の11月から今年の2月ごろにかけての話だ。

情報発信系の本とかそれなりに読んで、SEOとか意識してみたりとかした。モチベーション上げるために、『ブログ飯』とかそういう本を読んだりもした。でもそんなに友達できなかったんだよね。

原因として考えられるのはたくさんある。その中のひとつを取り上げる。

本に書いてある通り、忠実にやっていたのか?ということだ。答えは、「そうでもない」となる。

ブログ本の「継続しろ。毎日量をこなせ!」というありがたい教えを無視し、「検索ワードを意識したタイトルを作れ」というSEO系のノウハウ本の言っていることを、これでもかと中途半端に実践した。「記事に対してついたコメントにはマメに返せ」とか書いてあった書籍の内容をすっぽり忘れると同時に、コメントの返信も時間が経ってから「あ、そういえば」みたいな感じで返していた。

徹底的にやったのであれば、「こんなん効果ないぜ!」という主張が説得力持ったんだろうけど、あいにく「継続は力なり」をやろうとしても継続する力がない山崎のような人間は、主張にパワーを乗せられないのだ。

そうか、そこまでしてブログで友達作ることってやりたくなかったんだなと、過去を振り返って思う。

たまに、ブログをやる目的とか目標とかを高尚に語った途端に続かなくなってしまう人がいる。あ、僕か。じゃあ、まあ、他にいるとして、そういう僕みたいな人は、本心からブログをやりたいと思っている人ではない可能性が高い。

やる気に満ちて、よーしやってやろう!という思いで始めたとしても、次の2つのパターンで更新がパタリと無くなってしまう。

ひとつは、卑近な目標が達成されてしまえば、途端にやる気がなくなってしまう場合。もうひとつは、うまく行かなければ「私がやりたかったことではない」と諦めてしまう場合だ。どちらも、「そもそも文章を書くことが好きだ」というわけではないのだから、続かないのも無理はない。

先程も明言したとおり、最近の山崎は、全然ブログを書きたくなかったのだ。意識的に「よし!書くぞ!」といくら思っても、最後はいつの間にか別のことをやっていたりした。これが何よりの証拠だ。書きたくないときは、いくら書こうと思っても書けない。

「俺は書かないという選択をしたのだ」と自己啓発に有りがちな意思決定という文脈を使うべからず。素直に、「あ~俺は書きたくなかったんだな」と認めてしまったらいい。

「書きたくなかったんだな」と思えない場合、「俺はどうして書きたくなかったんだろう」とか根本的なことを考えられない。その根本的なところがはっきりしないままだと、本心を無いがしろにした状態で、「長続きするにはどうしたらいいんだろう……」と不安になってそういう自己啓発本を買い漁るという悪循環が生まれかねない(僕はそういう時期があった)。

何かを継続できないという悩みの裏には、絶対に「実はやりたくない」という思いが隠れている。いいじゃんそれで。やる必要本当にあるのか、無いのかを精査できるんだし。実はやりたくありませんでした。はっはっは。

認めた途端に、そのことについて記事を書きたくなった。他人からどういう風に見られたいかとか、馬鹿に思われたくないとか、山崎はまた意識高い系に戻ってしまったのか思われないかな~?とかね。そういうことを考えながらやってたら絶対に楽しくない。

そういうことを気にせず書いた。支離滅裂で恐縮だけれど、今後はこういう記事が増えそうだ。