点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

書けないなら仕方がない

ブログの編集画面を開いて、見出しを書いて、本文を書く。本文を書いている最中に、ぷっつんと電源OFF状態になり、編集中のタブの☓印を押す。これを繰り返して、もうすぐ1ヶ月が経とうとしている。モチベーションが死んでる。

以前同じような事を書いた気がする。多分この先も同じようなことを書く。こんな下らんことを書くなら、もうブログやめちゃえば?という意見する人もいるかもしれない。有り難い。確かにそのとおりだ。でもなんだか勿体無い気がして、このブログのデータを丸々削除することは、たとえ、客観的にみて、社会的価値のない文章の肥溜めであったとしても、ひどく惜しい。

更新頻度を高めようと色々やってみた。ロバート・チャルディーニの影響力の武器では、皆に公言することによって、目標は達成されやすいということが書いてあったので、「今度はこうします」系の、本人以外にとってはどうでもいい内容の記事を垂れ流したりした。しかしこの方法は、「自分には一貫性がある。一度公言したことは絶対に守るぞ!」と思っている人に限定されるのではないか。

残念ながら僕にはプライドが無いので、「失敗しちゃいました。てへぺろ」と堂々と言えてしまう。ダイエットにしろ節約にしろ、そうなのだ。他人が自分の失敗をみて、嘲笑、あるいは失望の眼差しを向けてくることに対して鈍感であるがために、この方法は使えない。

そもそもなぜ文章を書く気力がなくなったのか。これも別の記事で書いた気がするけれど、必要がなくなったからだ。文章鍛錬と読書仲間を増やすためにブログを始めたことは以前にも書いた。前者は、もはや文章を書くという能力を求められる環境では無くなったが為にする必要がなくなり、後者は、もうこれ以上読書仲間増やさなくてもいいやと思いはじめた事によって必要性が無くなった。

では新しい目標なり、必要性を見つけようぜ!という風に考えるのが普通だろうが、困ったことがある。そもそも、目標や必要性を見つけないと、ブログなんてやれないという状態であったということだ。

趣味というのは、他人からとやかく言われようとも、自然に、やりたい時にやっているものだ。山崎のブログはどうだ。自然にやっているか?書きたいと思った時に書いているか?答えは半分是であり、半分否だ。普段は書かないとな、と思っているが、例えば今、この文章は、「こういうことについて書きたいぞ」という心持ちで書いているからだ。

ということは、書かなくてはならないという義務感が働いているときは書けない。無理して書いた文章はどこか慌ただしい。誤字脱字……はいつものことだったわ。ごめん。いやでも、多分無理やりこさえた文章の方が絶対に多い。作業中は無理やり結論先にひねり出したりして、結局何が言いたいのか分からないというものもかなりある。

では、それと比較して、今こうやって書いている文章はどうなんだ?クオリティ高いのかどうかは知らないけれど、少なくとも文章を書いている時に「苦しい」とか「早く終わらせなきゃ」とかそういうことは考えていない。無理しているときに感じる動悸だったり、変なところから汗をかいたりすることは無い。脇は汗かくけど。

書けないならもう仕方ないと思ったほうがいいな。

諦めよう。仕方がない。書きたくないもの。

計画的な更新というものは、計画通りに実行すること自体が好きな人間でなければできない。僕がよくやってしまうのは、自分の力量を過信して、無茶なスケジュールでブログの更新やら趣味の予定やらを乱立させ、物の見事にガーターを決めて落ち込むというものだ。

そうではなくて、書きたいなと思ったらピンを立て、至近距離で玉を転がすくらいの気持ちで向き合ったらいいなと思えるようになった。

いくらなんでも行き当たりばったり過ぎやしないか?と思うところもあるけど、趣味なんて計画立ててやるもんじゃない。計画立てるくらいなら、今すぐにやっちまったほうが早い。タイムラグによって、過去の自分が設けた宿題をせっせとやるのでは、夏休み終了間際、すべての宿題を残していた小学5年生の時に感じた「もうダメかも」という焦りを、毎日感じることになる。それは精神衛生上、非常によろしくない。

この記事が最後かもしれないし、まだまだウンコを生み続けるかもしれない。それじゃあまたいつか、とも言わないようにして、出勤の時間が来たのでここで終わり。