点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

有意義か無駄かを考えるとなんだか落ち着かない

有意義な一日を過ごそうなんて思っていると大抵上手く行かないもんです。中にはうまく人もいるんだろうけど、山崎の場合はとことんうまくいかない。気張っちゃうからでしょうか。

仕事が休みだったもんで、今日はあれやってこれやって……と頭のなかでプランを組み立てました。プランは恥ずかしいので公開しません。

実際にはこんな1日でした。

同居人と一緒にカラオケに行き、買い物をして、飯を作って食った。同居人が友達と飲み会に行くって言うんで、家にひとりぼっちになることに。久しぶりにニコニコ動画でも漁るかと思いきや、ネットの点検だかなんだかが入って、2時間くらいネットが使えない。ええい、なんだか空回りするなぁ。一人篭っても仕方がないし、図書館を目指そうとしたところで、とてつもない睡魔に襲われまして。気がついたら今です。

やっちゃいました。惰眠を貪り尽くしました。

一日のはじめに、「今日はあれをやってこれをやってそれをやって……」と頭の中で思い浮かべても、なかなかうまく行かない。やろうと思ったことが達成されないと、なんだか自分が無能な人間であるかのように思われて、やるせない気分になる。山崎の休日とはそんなもんです。幾度となくこれに陥っております。

今日を良い日にするぞ!と気張ることには、メリットもあればデメリットもあります。メリットはその日のスタートをいい気分で過ごせることであり、デメリットは達成できなかった場合、その日のゴールを憂鬱な気分で過ごすかもしれないということです。諸刃の剣で365日を過ごすなら、行き当たりばったりで過ごしたほうが幾分か楽だよな、と思いなおして、もう無理しないことにしました。

どれだけ無理をしないか、というと、何も決めない。どこで本を読むか、どういうふうに過ごすのか、どういう一日にするのか、ということを決めない。結果それが、無駄な時間や、無駄な行動を生じてしまったとしても、それはそれで仕方がない。と考えるようにしたのです。勝手に自分で背負っていた肩の荷が下りた心地がしました。

厚かましい自己啓発本やLifehackerの記事は、少しでも有意義で無駄のない生活をしろ!といいますが、そんなものは無理。幻想です。ビジネス本は、無駄のない生活こそが素晴らしい!という価値観を植え付けます。それは洗脳で、できない自分をより意識に上げ、セミナーや他の本に手を伸ばすための作戦です。自己啓発洗脳にかかると不幸だぞ。ちょっと前の僕がそれだったけど。

一見無駄のない思考ができるのは、コンピューターや人工知能です。コンピューターや人工知能は人間が考える現状の範囲の中で最適と思われる答えを出してくれるわけです。しかし、それでも完全に無駄を省くことはできません。

コンピューターは言い方を変えると計算機です。いい入力、つまりいい計算方法、プログラミングを計算機にやらせなければ、いい出力が出せません。入力の段階で無駄があれば、コンピューターの動きも無駄の多いものになります。最悪変な挙動をしたりします。そう考えると、世の中に一切の無駄のないものなんて存在しません。無駄のない一日、無駄のない生き方を求めるのは、コンピューターを超える情報処理能力を持つ存在になろうとすることです。アホらしい!

自分にとって何が有意義か?ということを考えることは重要です。いつまでたっても、「これは自分にとって有意義だ」と評価しなければ、本当の意味での有意義なんて存在しないんです。客観的な尺度で、無駄か無駄じゃないかという判断はできないのよ。有意義か無駄かというのは、最終的に自分でしか決められないんだもの。

「だったら全部有意義でいいじゃん!」とするのも、なんか違う気がするんです。

いや、理想はそうなんですよ。でも明らかに自分が納得の行かない一日を納得しろというのは酷です。

じゃあどうするか。

一番は、有意義だったな!と思った日は大いに誇らしく思い、駄目駄目だったな、と思った日には大いに落ち込むという、当たり前のことをしたらいいんじゃないかな。知らず知らずのうちに、喜び過ぎちゃいけないとか、落ち込み過ぎちゃいけないとか、本音に蓋をしてしまう人が多い気がする。まじめな人が自己啓発難民になっちゃう要因の一つがここにある気がします。

本音に向き合って今日一日どうだったかなという振り返りを繰り返していくうちに、自分の価値観やものの見方の尺度がはっきりしてくるんじゃないかな。してきたらいいな。