点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

『世界の名著』がでかいのと、やっぱり買ってよかった

15冊のうち13冊が我が家に届いた。 

f:id:achelou:20180128000152j:image

世界の名著は全66巻。続・世界の名著15巻を入れると81巻だ。現在引っ越しを考えているんだけど、ペースを考えないと引っ越しがクソ大変になる。

世界の名著は解説が面白い。良い解説なのか、悪い解説なのかという評価はできない。専門家ではないからだ。でも、さすが、誰でも読める古典を目指したシリーズなだけあって、初学者にも分かりやすく、それぞれ取り上げている書物のエッセンスや概略を解説してくれている気がする。初学者以下の山崎でさえ、理解できる日本語で書かれている。事前の解説は、広大な知の海に漕ぎ出す前の、重要で貴重な手がかりであり、心の支えだ。

お勉強の為の読書というのを殆どしてきてこなかった山崎だが、これくらいなら勉強と知識欲のどちらも埋めることができるだろうと、13巻分の解説を読んでそう確信した。ゆくゆくは81巻すべて欲しい。わずか13冊分だが、並べてみると、自分の机の上だけ偏差値があがったような、そんな心地になる。久々に趣味で高揚した気がした。ゆっくり読み進めるとします。