点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

体調崩し気味で赤字社員だと罪悪感が募るけど、社会は関係なく廻っていくので諦めてより良く社会で生きる方法を探すことにする

仕事を休むことが多い。理由は体調の不良である。

10代は胃腸の不調に苦しめられ、20代にさしかかっては扁桃炎に苦しめられている。

扁桃炎は手術をしなければ根本的な解決にはならない。しかも、手術と入院費には大体10~15万円かかって10~15日間は入院を余儀なくされ、なおかつ、術後も発熱を繰り返さないという保証は無いと言う。1~3ヶ月は喉の痛みと違和感との戦いである。客と対面してしゃべる職業に付いているので、なかなか決心がつかない。

普通のサラリーマンをしていると、体調不良によって自分以外のメンバーに迷惑をかけてしまう。少なくとも現状の仕事たと、どうしても迷惑をかける。僕はこういう体質なので、他人が体調不良で仕事を休むとなっても「仕方がない」と思える。しかし、僕が健康の権化のような人間で、風邪なんて10年に1度しかひきませんという羨ましい身体の持ち主だったなら、1ヶ月おきに体調を崩して、最悪仕事を休むようなヤツが居たとしたら、「さては仮病だな」と疑うだろう。

体調を崩し気味だと、社会からの信頼や信用を失いやすいのは、仕方がないと分かっていても切なくなるのは、僕がまだガキだからだろうか。1~2ヶ月おきに1~2日体調を崩すとしても信頼してくれるような仕事というのは、一般的な職業には殆ど存在しない。営利を目的としたすべての仕事には、価値を出して金をもらい、自社の事業を拡大して、儲けの最適化を図るという原理原則がある。体調を崩すヤツは、このルールからして、はっきりいってお荷物である。

資本主義が存在しない地域であっても、人間心理には返報性というものが存在する。お返しの心である。それによって人類は物質的にも情操的にも発展してきたが、体調が悪い人間は自由に動ける時間が他の人よりも少ないから、他人と比較したとき、この部分において負けてしまう。

チームで何かをやろうとする場合、担当が振り分けられるが、欠員がでると回らない状況があって、それでも体調を優先して休みをいれた場合、業態にもよるけれど、取り返すのに時間がかかる。その分働けば良いという意見もある。迷惑をかけた分、実績を伴って挽回すれば良い。

そうは言っても、僕が寝込むときというのは、人より大きい喉を腫らして、喉痛い~熱しんどい~と唸っているだけである。発熱で脳の回路が開かれて云々して、仕事ができる人格がいつの間にか形成されれば良いのにと、くだらない妄想をすることしかできないため、仕事で成果を巻き返すということ、では休み明けからやるのだと意気込んでも、どうにもならない部分は絶対にある。

つらいつらいと言っていても仕方がないので次の一手を考える。体調を今すぐに改善するのは難しいが、やれることはすべてやる必要がある。食事と運動に気を使い、22:30にはベッドに潜って23時には眠りにつくようにしてやる。扁桃腺炎防止によいとされることについて調べまくって実践する。僕は蓄膿症も持っているので、これの改善をすることも扁桃炎に大きくプラスの影響があるのではないかと睨んでいる。

やれることはやろう。この記事を読んでくださった皆様からの情報もお待ちしております。

あとは、万が一治らなかった場合についても想定しておく必要がある。

はっきり言って体調不良気味のヤツ=欠勤気味であり、僕が上司だったら出世させたくないし、もっと言うと辞めてほしいと思う。それはお互いの為である。生活保護でもなんでも申請して、無理なく生きていってほしいと思う。

だから、健康優良児前提の職場にそういう人が来てしまったのなら、クビにしてやったほうがお互いのためだ。発熱しているやつを無理やり出勤させて、ミスされたりするほうが会社にとっては損失だ。僕はただでさえ今の職場ではミスが多いため、これで38~39度の熱を出してミスをするとしたら、根拠はないが、どんなに大きなことになるか分からない。被害妄想甚だしいのは分かっているが、そういう風に考えたい時期なのかな。5月近いし。

いつクビを切られても良いように準備をしておくことを、体調管理とセットでやっていく必要がある。何が正しい世の中であるかわからなくなってしまっているので、安易に資格の勉強するとかすると、参考書代が無駄になる。

クビを切られてもいい用意ってのは、今取れる手段としては、その後の就活のための貯金くらいしか思いつかないので、ひとまず頑張って金を貯めます。