点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

『灼熱の魂』

 

 

灼熱の魂 Blu-ray

灼熱の魂 Blu-ray

 

 


僕は映画の内容を、1回で覚えるのが非常に苦手だ。何回か鑑賞しないとしっかりとした内容を覚えられないのがコンプレックスで、最近ほとんど映画のことについて書いていなかった。

映画マスターの友人であるアリクイ君からオススメされた方法がある。「観たすぐ後に、その映画について想いを巡らす」というものだ。「何か能力を身につけるには、身もふたもない、当たり前でシンプルな方法が一番効く」といことを、最近常々思うようになっていたので、せっかくなのでブログという装置を使って実践してみる。

と、言いつつ、今回取り上げたい『灼熱の魂』だけど、僕はこの映画を2回観ている。

1回目は先ほどのアリクイ君にオススメされたから、ツタヤで借りて観た。2回目はつい先日、アリクイ君の家で酔っ払いながら映画の話について盛り上がっていて、「そういや『灼熱の魂』について話してないじゃーん」と話を振られ、「ああそういえば!」と思ったはいいものの、実は最後のオチ以外、あまり覚えていなくて、でもそれを悟られたくなくて(バレてるだろうけど)重い映画であったという印象から、「あんま好きくない」というクソ薄っぺらい感想しか述べられなかったのに罪悪感を感じたので、急いで観た。

よくもまあ、この内容を忘れられたもんだと自分の脳みその性能を疑いたい。集中して観たせいか、鑑賞後、ほとんど何もできなくて、寝た。「鑑賞後に作品について想いを巡らせるのがいいと思うよ」というアリクイ君のアドバイスはどこかに行ってしまった。言いつけも守らずに寝てしまった。

あらすじをAmazon掲載のキネマ旬報社データベースより引用する。

母の深い愛が心を揺さぶるヒューマンミステリー。双子の姉弟・ジャンヌとシモンの母親が、謎めいた2通の手紙を遺して他界。その手紙は存在すら知らされていない姉弟の父親と兄に宛てられたものだった。姉弟は母の数奇な人生をたどり始めるが…。

特定の映画について話す空間に、その映画の未鑑賞者がいたとして、まあいいや、ネタバレをしてしまえと思えてしまう作品と、観てない人がいるなら絶対にネタバレしたくない作品とあると思う。この作品については後者だ。だから多くは語れない。スカスカの感想になることをお許し頂きたい。

この映画の好きな点は、多くを語らない点。そして、しっかりとこちらに想像する時間をくれる程よいテンポだ。

例えば、序盤、ある登場人物が「お前は過ちを犯した!」と糾弾されてしまうシーンがある。けれど、具体的にどんな過ちなのかという詳細はセリフに出てこない。「多分、こういうこと」という察しがつく。この、「多分、こういうこと」を、ほとんど終盤まで、繰り返し仕掛けてくる。もちろん物語が進むにつれて謎が明らかになっていく。そして終盤、「多分、こういうこと」をしたくなくなるほどの暗さが作品を包み始める。モザイクのように散りばめられた、多くの伏線の回収が押し寄せてくる。それが収束した後にやってくる、最後の重い一撃は、なんだろう、なんかこう、なんかだ。そんな感じ。貧弱な語彙では、ネタバレなしの感想というものは難しい。見てください。

好きになれなかったところを敢えて書く必要は、未鑑賞者のいる空間で話すべきではないから、今回はとにかく見てほしいの一点張りで乗り切ろうと思う。

一緒にお話をしたいので、是非見てください。

明るい気持ちの時に見るのではなく、程よく落ち込んでいる時に見てください。あと、是非集中できる環境でどうぞ。じっくりと時間の取れる、2連休1日目とかに。

 

灼熱の魂 (字幕版)

灼熱の魂 (字幕版)

 
灼熱の魂 [DVD]

灼熱の魂 [DVD]