点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

すごい今更だけど新書レーベルの擬人化とかどうですかね

興味関心を得るための戦略と手段として有力なものが「擬人化」である。

擬人化とは、「人ならざるものに、人の特徴を与える比喩の技法」のことだが、若者世代に「擬人化」という言葉を使うと、比喩表現というよりかは、「人ではないものを、アニメや漫画の表現方法に寄せてキャラクター化すること」という意味合いに捉えられることが多いように思う。今回はこの後者の意味合いで擬人化という言葉を使いたい。

山崎がはじめて「擬人化すごい」と思ったのは『Axis powers ヘタリア』だ。主人公は擬人化されたイタリア。その他登場人物も、端正な顔立ちの男性キャラになった国々(ロシア、日本などなど)である。世界史、とくに近代史の史実を、BL的ニュアンスをスパイスにしながら、ユーモラスに描いたWeb漫画だが、商業漫画として販売されてから人気に火がつき、あれよと言う間にメディアミックスの嵐。作者の日丸屋秀和氏は、歴史というものに興味が無かった人々、おもに女性に、世界史への入り口を与え給うた。

第二次山崎的擬人化ショックは『艦隊これくしょん-艦これ-』だ。記憶に新しい、戦艦を擬人化したブラウザゲームである。長門、扶桑、大和、金剛などの戦艦が、美少女キャラクター化したものである。ちなみに、1918年のシベリア出兵や、昭和天皇(当時皇太子)の欧州訪問供奉に参加した戦艦鹿島はこんなの。

戦艦に興味のなかったナンパなオタクたちを、それまでも繰り返し行われてきた「萌え擬人化」で釣り上げた。ついでに、オタクたちをリアル戦艦、日本の戦争の歴史へ興味を向かせたDMMは、「歴史系の擬人化いけるっしょ!」と思ったか、続く『刀剣乱舞』で刀を眉目秀麗の付喪神へと変化させ、単なる腐女子腐女子かつ歴女に仕上げた。ちなみに、織田信長が敵対した茶坊主を斬殺したことから名付けられたへし切長谷部という刀の擬人化がこちら。人気キャラらしい。

刀剣乱舞-ONLINE- へし切長谷部 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 

この目論見は大成功し、『艦これ』と『刀剣乱舞』のメディアミックス成功に続けと、擬人化コンテンツは飽和状態にある。NAVER まとめの記事にはなるが、擬人化コンテンツをある程度纏めてくれている。恐ろしい量がある。中には失敗しちゃったやつも多い。世の中は厳しい。

matome.naver.jp

擬人化にはそれまで見向きもしなかったものへの興味関心を惹かせるだけの力がある。キャラクターが魅力であればあるほど、そのキャラクターのバックボーンを調べようとする。その特性を生かして読書人口を増やすことはできまいか。

で、思いついたのが、新書のレーベルを擬人化してしまうという地雷案である。

読書人口が増えてほしいのは、読書好き共通の願いである。出版業界はすでに斜陽産業と言われてしまっているが、このまま潰れていってほしくない。質の悪い電子書籍が溢れかえれば、電子書籍すら見向きもされなくなってしまいかねない。個人的には本は紙で読みたいので、これからも出版社には頑張っていただきたい。

擬人化したキャラクターについてだが、男性でも女性でもどちらでも良いと思う。もしくは男性と女性のペアで一つのレーベルを担当するなどであれば、面倒くさい人たちからうるさく言われなそうだ。で、擬人化したそいつらが、ビブリオバトルを繰り広げ、自分たちのレーベルを盛り上げるという名目で頑張ってるとか、そういう設定めいたものを用意する。

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)

 

ビブリオバトルとは、複数の参加者が、5分間で本のプレゼンを行い、その後2~3分の質疑応答を行って、「どの本が一番読みたくなったのか」ということを競うゲームである。このルールに則って、出版社が自分の出版社から出た本を、テーマにそってビブリオバトルしてもらう。それを纏めて文字化して、擬人化したキャラの声優に読んでもらうものを公開する。あとはリスナーが、「どの本を一番読みたくなったか?」ということを投票する。

書いていて、「くそ手間かかるな」と思った。でも、おもしろそうじゃないですかね。

新書レーベル擬人化の大きな障壁が、それぞれのキャラクター設定がとても難しそうということだ。言ってみれば、レーベルひとつひとうが思想の集合体であり、ひとつの新書レーベルを取っても、出版された本の一つ一つを参考にしては、人格が破綻する。参考資料は、出版社が歩んできた歴史や、レーベル単位のキャッチコピー(ブルーバック新書の「科学をあなたのポケットに」など)、どのようなテーマの書籍を取り上げているか?という抽象的なデータから作り上げなければならない。

あとは、お硬い方々が「流行りのものに迎合することを良しとするか」ということぐらいしか、スカスカ頭の私には分からないけれど、絵が上手な人は試しに、「岩波新書」「中公新書」「講談社現代新書」の3レーベルのどれかでもいいので、描いてくれないかな。山崎が描け?絵心がないもので厳しい、、、

www.iwanami.co.

gendai.ismedia.jp

新書|中央公論新社