読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

『ブラック彼氏』──女性は結婚をするとき、何が気になるのか

 

ブラック彼氏  恋愛と結婚で失敗しない50のポイント

ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント

 

恋愛本を読むということは、どことなく恥ずかしいような気がしていた。恋愛なんかに必死になってどうするの?とか思っていたからだ。僕は顔が良い方でも、モテる方でもない。完全無欠のインドア非モテみたいな見た目と性格をしている。「モテたいな~」とか言っておきながらモテる努力を一向にしないそこの君。僕と同じだね。意識低い非モテ同盟でも組んでやろうかと思ったりしないでもないが、それはまた別の話。

この本、気まぐれに図書館で借りてきた本なんだけど、買ってもいいかなというくらい為になった気がする。恋愛本、特に女性が女性向けに書いた本というのは、男性に対して媚びていない。こんな男はダメ、ゼッタイ!とボコボコに殴る。

著者の堀井亜生さんはフラクタル法律事務所代表弁護士であり、離婚・男女問題の取扱実績が多い方だ。彼女に舞い込んできた案件から、統計的にあぶり出されたブラック彼氏像を紹介する本であり、ブラック彼氏の見分け方、ブラック彼氏と付き合ってしまったらどうするかという対処までしっかりと書いてある。

本書はブラック企業をもじったブラック彼氏を次のように説明している。

 本書のタイトルである「ブラック彼氏」とは、一見すると高スペックなのに、結婚した後でとんでもない事故物件だったことが発覚してしまう男性を指します。
 たとえば、結婚前は優しかったのに、結婚したらひどいモラハラ夫になってしまったとか、結婚前は羽振りが良かったのに、結婚したらドケチ夫だったなど、結婚前に隠れていたブラック性が結婚後に現れる男性は、案外多いものなのです。

本書ではこうしたブラック彼氏を5つのタイプに分けている。

「隠れモラハラ系」──人間的な器が小さく、独りよがりで、自分の価値観を女性に押し付けるタイプ。

「隠れ浮気系」──かっこよくもなく遊び人にも見えないのに、ためらいもなく浮気するタイプ

「隠れマザコン系」──親から独立してひとり暮らしを始めたり、彼女ができたりして一見自立しているように見えても、母親依存の関係を解消できないタイプ

「隠れドケチ系」──高収入でお金があるのに、コストパフォーマンスを重視してこれを使わないことに命をかけるタイプ

「隠れDV系」──一見して優しそうなのに、結婚後に暴力を振るうタイプ

あなたの彼氏、もしくはあなた自身はどのタイプか?

それぞれのタイプに10個の見分けるポイントを解説しているので、読みやすさは抜群。テンポよく彼氏のあら捜しができる作りになっているので、普段読書しない人も読んでみると良い。ちなみに僕は「ファッションが休日のパパ」「週末になると実家に帰る」「あまり上手ではないけど一応料理ができる」という理由で、「隠れマザコン系」に一番近い結果とあいなりました。うるせえ!男はみんなマザコンじゃい!!ビートたけしも言っていることだ。

男性である僕がこの本を読んでよかったことは何か。それは、恋愛関係から結婚し、相手の良くない部分が見えてくるというのは、よく聞く話だよね~~と一蹴すべきではないということに気がついたことである。

自分が普段している何気ない行動が、実はブラック彼氏の条件にあてはまっていたとしたら……と考えれば、恐ろしい。それを知らずに格好だけ良く恋人関係を続け、結婚した途端に素が出て相手をドン引きさせ、運良く長く夫婦関係を続けられたとしても、子どもを育て終わった40代後半~50代前半になって、三行半を突きつけられることになる可能性が高まることは間違いないのだ。

分かりやすく書かれている分、「それは著者の主観でしょ?」と言いたくなる気持ちをぐっとこらえて、「そうか、女性は男性のこういうところが嫌だと思いやすいのだな」と素直に受け止めたほうが、読んでいて、多分ダメージも少ないし、きっと為になるんじゃないかな。

『マヤさんの夜更かし』──真夜中の通話は楽しい

 

本作は、怠惰な生活を送る魔女のマヤさん(表紙のキャラクター)と、漫画家志望の女性、豆山(まめやま)によって繰り広げられる、壮絶ゆるゆる深夜音声通話エンターテイメントである。

中野ブロードウェイの中の書店で購入した。試し読み用に吊るされたペーパーブックを読んでみると、なかなかにツボだったのでそのまま衝動買いをしてしまった。

インターネット上だけの友達と交流してきた経験がある僕みたいな人間は、深夜通話特有の、あの雰囲気を追体験できる。このニッチな部分にフォーカスを当てつつ、魔女のマヤさんというファンタジーな存在を備えたキャラクターがいることで、単なるスカイプ会話劇にならず、流れに動きを付けているのがいいなと思った。マヤさんのダメッぷり(ソシャゲ課金廃人、家事できない、おしゃれもイマイチ、魔法を使うと腹痛くなる等)も愛嬌がある。現代社会の悩める女性フリーター代表のような感じで描かれている。魔女なのに。

基本的には夜中の通話模様を描いており、基本的にそれ以外の描写は少ない。ほとんど2人の会話だけだが、かなりテンポが良いのですらすら読める。これだけ色々共有できて話せる相手がいたらな~とか、読んだら思う人も出てくるんだろう。

真夜中の通話の何が魅力的かといえば、もう本当にどうしようもない、どうでもいい話が、最高に面白く思えるところだ。僕も何回かネット、リアル問わず深夜に通話をしたことがあるけれど、中身なんて無くてもいいので、とりあえず頭に思いついた話題をふってみたり、相手が言ったことに対して受け答えをしているだけなんだけど、マジで楽しい。

もちろん親しい人間との会話であることは大前提なんだけどね。

この作品の中の2人を見ていると、ネット上だけの知り合いと音声通話をしているときのことを思い出す。豆山は、マヤさんと実際に会ったことはある。少しの間同じ病室で時間を共有した。だがマヤさんが本当に魔女であることだとか、マヤさんの素性についてはさほど知らない。けれど、いつも通話をしているので、人間性だとか、性格だとか、近況という一部の情報だけ知りすぎている。

こういう人間関係って、ネットに生まれがちじゃないかって思う。

互いのことをさほど知らずとも、仲良く喋ったりすることができる、不思議な間柄の、不思議な時間共有体験は、ネットならではだ。「こんなにウマが合うのに、会ったことすら無い」とか「もっと近くに住んでりゃ、実際にあって遊ぶのに」と思うような人物って、ネットで友達を作ったことがない人からすると不思議、というよりも気味悪いと思うんだけど、あるんですよそういうの。

マヤさんみたいに、人付き合いが少し苦手な人にネットをもたせるとこうなるよなという縮図として捉えるのも面白いかもしれないけれど、そうしたマジメぶった考察を受け付けない圧倒的ユル可愛さ。そうそう、こういうどうでもいい話ができる相手がいるって、それだけで人生結構楽しいよなぁ。漠然とそんなことを思える作品だ。

 

単行本

マヤさんの夜ふかし 1 (ゼノンコミックス)

マヤさんの夜ふかし 1 (ゼノンコミックス)

 
マヤさんの夜ふかし 2 (ゼノンコミックス)

マヤさんの夜ふかし 2 (ゼノンコミックス)

 

 

『哲学用語図鑑』──哲学に興味を持てるかの基準はこの本で

 

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

 

「教養持つべし!」の風潮を感じると、哲学の道を志す人が現れる。僕だ。

なんか良いじゃん哲学。特に西洋哲学。なんか、昔の誰それはこういう事を言ってたしね~とか嫌味なく言うとさ、頭良く見えるじゃん。

あとは、哲学知識を前提とした本が結構ある。哲学知識が豊富な本は読んでいると躓く。読んでいて、いきなり「ヒュームが言ったように」とか言われてもピンと来ない。せっかくその著者の視点を獲得しようと思っても、前提知識に欠損があり、うまく腑に落ちないということは、読書をすればするほど出てくる。

哲学は金儲けにすぐに役に立つ情報ではない。さらにあなたを幸せにする方法論を説いているわけでもない。現世利益を与えてくれるか、定かではない。だから結構ないがしろにされるきらいがある。

哲学書は、私はこのようにして、この事象、この問に対して考えました!ということが書かれてある。歴史と同じで、なるほど昔の人は世界をそういうふうに見ていたのか!とか、ほうほうそういう世の中の味方もあるよな!といった楽しみ方が、学び始めの人たちには適している。すぐに使ってやろうだなんて思わないほうが良い。

そんな暇人向けの学問の入り口に、本書『哲学用語図鑑』は最適だと考える。まずこの平易な解説で、「面白い」と感じないようなら、今すぐに哲学を学ぶということは避けても良いかもしれない。「当たり前のことを疑う。それについて私はこう思う。」という側面を持った分野なので、「いやそれは……当たり前だから別によくね?」と思ってしまうならば、読むだけ損に感じてしまうかもしれない。それを本書の図解と解説を読んでみることで、自分にとって哲学が性に合っているかいないかを測定できる。

哲学というジャンルは面白いことに、「哲学をしたことを文章におこした本」という本物の哲学本よりも、「哲学入門書」の数が圧倒的に多い。それだけ哲学をすることは難しい、人の哲学を理解するのは難しい。それは仕方がない。その人くらいしか、そんなこと考えなかったんだから。その考えを、その人自身が平易な文章で残してくれなかった場合、理解に苦しむ。ヘーゲルとか、ヘーゲルとかね。ヘーゲル苦手。

たまに哲学入門書から読むのではなく、原典から読み進めなさいという哲学攻略法を聞く。なぜなら、飽和状態の哲学入門書の一冊一冊で、捉え方が違う可能性があるからだ。間違った前提から読んでしまっては、原典を曲解しがちになってしまうのだ、という。でもそれってあまり関係ないと思う。いきなり純粋理性批判読んで哲学っておもしれ~という人が現れたら、もう素質ありまくりで、それほど哲学を必要としない僕らのレベルを超え、マジモンの哲学者になったらいいよレベルだと考える。

僕らみたいに、「趣味で読書やってま~~す。読書楽しい~~」とか言っているうちは、自分の興味を持てる範囲のところから読んでいくのがよっぽど楽しい。むしろ一つの考え方からそれだけ色んな人に別々の視点を与えるのってすごくないか?ということで、入門本を読み漁っちゃうのもありなんじゃないか。そうやって入門本を読み漁っていると、絶対にここは皆こういうふうに書いてあるな、ということが分かる。で、ちょこちょこ違うものがでてきたら、原典を読んでみる。そのときに、自分は誰寄りの意見を持ったのかな?という整理の仕方でも全然いいんじゃないかって思うのだけど、どうなんでしょう。

兎にも角にも、もしあなたが、哲学の言葉の意味を手っ取り早く分かりやすい文章で理解したいというのであれば、本書は必ずや役に立つ。有名所を抑えてあるから、考え方や意味さえ覚えてしまえば、哲学知識前提の本を読んだとき、ネットコラム、ブログ記事を読んだときでも、「それわかりまっせ」アピールくらいできるレベルになると思う。

そして哲学とはどういう世界なのかということに少しでも興味があるなら、読んでみてほしい。自分は過去の西洋哲学を面白いと感じ取ることができるか?ということを試すことができる良書だ。

 

哲学入門

哲学入門

 
14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書

 
哲学入門 (ちくま学芸文庫)

哲学入門 (ちくま学芸文庫)

 

 

「責任」と「責任感」

なんでも社会のせいにしたいときと、これは自分の問題だからと課題を受け入れたい時がある。これは自分の場合、完全にその時その時の気分に左右される。

例えば体型のだらしなさに気がつくとき。

気分が良い時は、「これは自分の日頃の不摂生で品のないクソみたいな食生活のせいなのだ!」と思って、ダイエット本なり筋トレ情報サイトなんかを見て、実際にやってみたりする。三日坊主になるのはさておき、実際に行動に移すほどのエネルギーが湧いてくるのが、「これは自分の責任だ」と受け入れられる時だ。

常に自分の体型を意識し、前向きに課題に対して向き合っていたなら、ぼくはこんな体型ではない。しかし厄介なガキンチョ精神が働き続けたお陰で、今でも体重は全然減っていない。

それが、「こんな体型なのは親のせいだ」とか、「国はもっと国民の生活水準を上げて、食生活の改善を豊かにするように努めろ」とか、そういう類の子どもっぽい、自己責任を完全に放棄する考え方だ。

これでは社会や環境の改善を待たない限り痩せられないことになる。親のせいだなんて言った日には過去のことをいちいち蒸し返すという全くもって無駄無駄な不快感を得るだけだ。そのストレスで太る。

ここで思うのは、「課題解決と責任の所在は、年がら年中セットになっていない」ということだ。太った体型を課題と認識して、それを解決したいとするならば、目指すべきは摂取カロリー<消費カロリーのみである。あとはそこに向かって自分に合っている方法論を見つけ、試して、実行していくだけだ。それだけの話だ。ここに本来、責任とか難しいことを考える必要はない。誰のせいで太ったのだーーとか思うだけ無駄だ。

ではなぜお前は責任の所在云々言い出したのか?

それは冒頭でも話した通り。単純に、課題を生み出した責任を自分にしていた方が、より課題を受け入れやすいからだと思っているからだ。

「自己責任論」はしばしば批判される風潮がある。自己責任が及ばない部分にも、自己責任を押し付けてしまえという動きがあるからだ。

自己責任ではないケースは何か。例えば子どものうちに、ダメな親に育てられてしまったが故に、心の病気になってしまったりした場合などがそうだ。この場合、その子の心の病を作った原因は100%親である。ところが自己責任論者は、「ではその病気を治す、治さないの判断、行動を起こす起こさないは自己責任だ!」とかいう。

これは制度上の「責任」と、「責任感」をごっちゃにしているからそういう事が言えるのだと思う。

親権を持つということは、子の財産管理や法律行為の代理人としての権利を有することであるのと同時に、監督・養護の義務を負うことだ。制度上、成年に満たない子どもは、親の親権に服すことになるので、未成年の子の行為は親の親権が前提になる。制度上、子どもがいくら責任を持とうとしても、法律がそれをさせないようになっている。子どもは責任を「制度上」取れない。

だから、子どもは制度上「自分がいい成績を取れないことも、いじめられるのも、彼氏彼女ができないのも、お金がないのも、全部親のせいだ」と言っても思っても、何も間違っていない。親が不快になるだけだ。

しかし課題解決と責任の所在はセットではない。

制度上、いくら問題無いとはいえ、自分からアクションを起こさないと物事が停滞してしまう場面があるよねーということを言っておきたい。「親のせいだ、親のせいだ」と言って何もしないのでは、その子は成長しないでしょ。これをやる気にさせるのも親の責任ではある、というのはさておいて。

ある程度の「自分のせいだよな、これは」と思う力は必要だ。こうした心の持ち方は、うまく使えば行動を促すツールになる。子どものうちに、こうした決してマジモンの責任ではないバーチャル責任を感じられるか否かは、結構あとあと大人になってから響きそうだ。

しかしそんな風に思えるのは限られた条件の元である。それが、「自分でやりたいと思った事だけ」というものであると考える。

これは自分が選んだことだ。これは自分がやったことだ。これは自分が招いたことだ。

こうした心の動きを、どれだけ他人から諭されず、影響されずに持てるか?というのがキモになる。納得してない状態のまま、マジモンの責任を取るのは難しい。

やりたくないら仕事をうっかり選んだとして、それに対して上司から「もっと責任感を持て!」と言われたとしても、そんなもの納得できるはずがない。いつか破綻して、なーんにもやる気にならない、責任なんて持ちたくないという事が起きてしまう。

なーーんにもしたくなーーい!と言うのが、子どもならまだいい。それは親のせいだ。しかし親権から解放された大人になると、今度は実際に「責任」を追うようになる。すると、ありとあらゆるものが自分のせいになる。マジモンの責任、つまり法律だとか契約内容だとか、そうした責任を加味した上で自分の気持ちをコントロールする必要がある。

だから、何か行動を起こすときは、まず大前提として自分から選択する。次に制度上の権利や責任を調べ、万が一失敗した時、それを果たせなかった時は、それ相応のペナルティを引き受けることに納得する。というこの一連の流れを想像する力、つまり「責任感」は、持っておいて損はない。

起業とかする場合、事前に実際に負うべき「責任」を知っておく。この責任、リスクを負いたくもないのに企業だー!とか言って失敗して、借金背負ったとか地獄以外の何ものでもない。首吊るしか道はないように思えてしまう。こんなはずじゃなかったとか言っても遅い。

借金背負うかもしれないけどやるぞー!という責任感が乗っかって、納得した上でなら、事前に借金背負った場合についても考えたり改善方法を下調べしているはずだ。実際に借金したときにも、じゃあどうするか?と次を考えられる。

負うべき責任やリスクを調べておけば、それを選べるという大きなオマケがついてくる。実際に負うべき「責任」と、やる気ツールである「責任感」をごっちゃにすると、ハチャメチャに苦しい状況に追い込まれる可能性があることは、日本人として日本に住み、生きること選んでいる以上、納得すべきことだよなーとか。

長くなったけど、そんなことを思ったよ。

自己責任論の嘘 (ベスト新書)
 
「自己責任論」をのりこえる―連帯と「社会的責任」の哲学

「自己責任論」をのりこえる―連帯と「社会的責任」の哲学

 

 

「やりたいのにやれない」は「やりたくない」が絶対に正解

 

このブログを通して読書好きや映画好きと知り合いになるのだ!という夢を描いていたのだけれど、このブログ以外の方法を使って、それが叶った。それが去年の11月から今年の2月ごろにかけての話だ。

情報発信系の本とかそれなりに読んで、SEOとか意識してみたりとかした。モチベーション上げるために、『ブログ飯』とかそういう本を読んだりもした。でもそんなに友達できなかったんだよね。

原因として考えられるのはたくさんある。その中のひとつを取り上げる。

本に書いてある通り、忠実にやっていたのか?ということだ。答えは、「そうでもない」となる。

ブログ本の「継続しろ。毎日量をこなせ!」というありがたい教えを無視し、「検索ワードを意識したタイトルを作れ」というSEO系のノウハウ本の言っていることを、これでもかと中途半端に実践した。「記事に対してついたコメントにはマメに返せ」とか書いてあった書籍の内容をすっぽり忘れると同時に、コメントの返信も時間が経ってから「あ、そういえば」みたいな感じで返していた。

徹底的にやったのであれば、「こんなん効果ないぜ!」という主張が説得力持ったんだろうけど、あいにく「継続は力なり」をやろうとしても継続する力がない山崎のような人間は、主張にパワーを乗せられないのだ。

そうか、そこまでしてブログで友達作ることってやりたくなかったんだなと、過去を振り返って思う。

たまに、ブログをやる目的とか目標とかを高尚に語った途端に続かなくなってしまう人がいる。あ、僕か。じゃあ、まあ、他にいるとして、そういう僕みたいな人は、本心からブログをやりたいと思っている人ではない可能性が高い。

やる気に満ちて、よーしやってやろう!という思いで始めたとしても、次の2つのパターンで更新がパタリと無くなってしまう。

ひとつは、卑近な目標が達成されてしまえば、途端にやる気がなくなってしまう場合。もうひとつは、うまく行かなければ「私がやりたかったことではない」と諦めてしまう場合だ。どちらも、「そもそも文章を書くことが好きだ」というわけではないのだから、続かないのも無理はない。

先程も明言したとおり、最近の山崎は、全然ブログを書きたくなかったのだ。意識的に「よし!書くぞ!」といくら思っても、最後はいつの間にか別のことをやっていたりした。これが何よりの証拠だ。書きたくないときは、いくら書こうと思っても書けない。

「俺は書かないという選択をしたのだ」と自己啓発に有りがちな意思決定という文脈を使うべからず。素直に、「あ~俺は書きたくなかったんだな」と認めてしまったらいい。

「書きたくなかったんだな」と思えない場合、「俺はどうして書きたくなかったんだろう」とか根本的なことを考えられない。その根本的なところがはっきりしないままだと、本心を無いがしろにした状態で、「長続きするにはどうしたらいいんだろう……」と不安になってそういう自己啓発本を買い漁るという悪循環が生まれかねない(僕はそういう時期があった)。

何かを継続できないという悩みの裏には、絶対に「実はやりたくない」という思いが隠れている。いいじゃんそれで。やる必要本当にあるのか、無いのかを精査できるんだし。実はやりたくありませんでした。はっはっは。

認めた途端に、そのことについて記事を書きたくなった。他人からどういう風に見られたいかとか、馬鹿に思われたくないとか、山崎はまた意識高い系に戻ってしまったのか思われないかな~?とかね。そういうことを考えながらやってたら絶対に楽しくない。

そういうことを気にせず書いた。支離滅裂で恐縮だけれど、今後はこういう記事が増えそうだ。