点の記録

書籍、映画、あと音楽など。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの思い出

今週のお題「平成を振り返る」

 はてなブログ今週のお題の力を借りて記事を一本。僕が個人的に平成ロックバンドNo.1だと思っているASIAN KUNG-FU GENERATIONについての思い出を。

 僕が聞く音楽は、6割平沢進周辺、4割それ以外だ。この4割の中でもかなりの割合で聴くのがASIAN KUNG-FU GENERATIONアジカンである。あ、バンプも聴くな……でもアジカンの方が聴くな。

 僕はゲーム音楽が大好きだった。中学校の友達から邦楽ロック特選MDを借りるまで、ほとんどゲーム音楽か、ドラマや映画のサントラばっかりを聴いていた。歌詞のある音楽は、視点を操作されるようで、実のところあまり好かなかった。サントラに収録されている主題歌は飛ばした。いかにも中二病をこじらせている理由で、インストばっかり聴いていた。

 そこで登場するのがI君という同級生。同じ硬式テニス部で、テニスがめちゃ上手な長身のイケメンだった。I君の家には、1回だけ遊びに行ったことがあったのだけど、彼はテニスだけでなく音楽の素養もあり、部屋にはギターだったかベースだったか、多分どっちもかな?が置かれ、かなりの音楽好きであることが伺える空間で日々過ごしているのだということが伺えた。

 僕はテニス部とは名ばかりのモンハンポータブル2ndG部に所属していたし、音楽もその延長線のゲームで出来上がっていたので、このI君の幅広い生き様に感動した。彼の口から繰り出されるバンド名の羅列を追うのに必死だった。その中で、聞いたことのあるバンド名があった。それがBUMP OF CHICKENASIAN KUNG-FU GENERATIONだった。どちらもアニソンやゲーム主題歌で話題になっていた頃だった。I君から、何かCDかそうか?と聴かれ、なんでもいいからこの2つのバンドの、オススメを貸してくれと頼んだところ、先ほどの邦楽ロック特選MDが渡された。

 その中に収録されていた『或る街の群青』や『リライト』、『センスレス』などが入ってたと思うんだけど、聴いた途端に鳥肌がたった。能動的なロック初体験。ゲーム音楽シーケンサーでは表現できないギターの鋭い音。今まで聴いたことのない特徴的な歌い方。歌詞カード無しでは一部分聞き取れない箇所があった。ネットで歌詞を検索した。そしたら、歌詞の意味が分からない。抽象的な世界が、攻撃的なロック調の曲とともに展開される。

 ロックってもっと分かりやすい、ストレートなメッセージをうるさい音で大声で叫ぶイメージがあったんだけど、そうではないものに出会った瞬間であった。これが当時中学生真っ盛りの僕に深く突き刺さった。

 部屋でアジカンを聴いていると、父が「お前アジカン聴いてるんだ。いいじゃん」と言って、ダビングしたMDをごっそり取り出してくれた。こうしてアジカンファンになった。その時はじめて、父がものすごい音楽狂であったことを知った。「バンプなんてデビュー前から知ってたよ」といって、バンプもちらほらMDに残してくれていたので、アジカンバンプという、2000年代邦楽ロックの2大巨塔を一気に摂取した。

 アジカンでも好きなのは初期~中期。ちなみに敢えて好きな順位を付けるなら、1位『サーフ・ブンガク・カマクラ』、2位『ワールド ワールド ワールド』、3位『ファンクラブ』となる。

サーフ ブンガク カマクラ

サーフ ブンガク カマクラ

 
ワールド ワールド ワールド

ワールド ワールド ワールド

 
Fan Club

Fan Club

 

 『サーフ・ブンガク・カマクラ』は湘南シリーズと呼ばれる、シングルのB面で発表されていた曲の総集編+新録という構成ながら、非常にまとまりの良いアルバムだ。多分後々まとめようという考えがあったんだと思う。30分と短いのでさっくり聴ける。好きな曲ばかり。『藤沢ルーザー』で爽やかに始まり、『江ノ島エスカー』や『腰越クライベイビー』、『七里ヶ浜スカイウォーク』などの切ない感じの楽曲が続くかと思えば、『稲村ヶ崎ジェーン』でかっ飛ぶ。1枚通しで聴いてて飽きない。

 2位以下の選定理由についても、今度ゆっくり書こうと思う。よく文章が長いと怒られる。ともかく、アジカンは思春期の音楽体験を豊かにしてくれた、数少ないロックバンドの一つだった。令和もよろしくアジカン

文庫-LOGを始めたせいで、こっちで書評する時間が無くなったし、書評って難しいねって話

 どうしよう。こっちで書評する時間が無い。同じ内容をコピペしちまえ!という腐れ大学生的発想が眼の前にぶら下がっているほど、こちらで書評をする時間が無い。単なる日記というか、そういうブログに成り果てようとしている。実は書評よりも、雑記のほうがいいね!がつく確立が高くて書評割に合わんな~とか思っているのはここだけの話にして欲しい。ここだけの話といっても、ここが全体だった。意味ない。

 「クソ読書」(山崎考案の読書法。既存の読書術からしてみれば舐め腐った態度で本と向き合うクソみてーな読書の意)から繰り出される書評は「クソ書評」である。

 『文庫-LOG』はそんなクソ書評のはきだめ的存在になろうとしている。大いに結構だ。そもそも読み方なんてこだわったところで「人それぞれ問題」が発動するのが読書という世界だ。「より良い書評」という正解パターンは、あるようで無い。逆に言えば星の数ほどある。そんなもんに向き合ってあーだこーだ考えるより、自分の感覚や考え方をブリッとひり出したほうが、その人特有の味が出てよろしい。と自分に言い聞かせながら書評をしている。

 当ブログでちょっといじっちゃった、佐藤優の『知の教室 教養は最強の武器である』を9冊目の文庫-LOGとして書いた。

 本をいじるとき、どこまでいじっていいか分からない。これは人間と似ている。いじり、いじられというのは信頼関係があってこそ成り立つコミュニケーションであるが、基本的に書評をする僕と著者というのは僕の片思いである。変にいじりすぎた結果、作家のファンや著者から嫌われるのはいやーん。面倒くさい。

 また、否定的書評というのは、多くの場合「単なる揚げ足取り」「読み込み不足」「知識不足」という「お前のせいトライアングル」から成り立つ場合が多い。この3つを打破するには、その著作と同じ文量の反証論文を書かねばならないと考えている。本気でその本が社会に出回っていることを良しとしないならば、Twitterなんぞで呟くのではなく、本を出版するべきだ。

 部分的な記述の誤りや論理の破綻、矛盾、予測ハズレなどは名著と呼ばれるものにも存在する。『資本論』などはその例としてよく挙げられてしまう。資本主義は崩壊するという予言は外れたけれども、しかし、資本主義の構造解明とその問題点をバチコン指摘したという部分で評価され、今なお読みつがれている。つまり、一部分だけくり抜いて批判するのもよろしいけれど、書籍全体を通してどうであったのか、まで書かなければフェアではない。

 僕にはそんな根気が無いので、普通に内容が面白かった本を紹介している。プライド?無い無い。クソ読書とか言っているやつにそんなのがあったら問題だ。

 オススメ書評というのは、もう僕以外の誰かがゴリゴリやっているので、なんかこう、差別化したいなとか思わなくもない。しかし上記理由から、結局は内容に感銘を受けた本に対して、ペッコリ45度、リコッペ、どうも山崎です。おや!あんなところにキラリと光る素敵な本が!素敵な本まで、1歩、2歩、3歩目からごますり男「この本めっちゃ良かったです!!」になっちゃうわけだ。

 なぜ飯尾風に言ったか。飯尾和樹さんは人間国宝に認定されるべきと思っているからに他ならない。彼のギャグは至高である。僭越ながら、拝借させていただいた。

 話がそれた。話がそれている間に、『文庫-LOG』始めたからこっちで書評ができないという前提で話を勧めていたことは、誤りではないか?という疑問がでてきた。ちょっと違うかもしれない。

 少し前のエントリで、点の記録における書評ポリシーを「選書は硬く、書評は柔らかく」と決めた。多分そのせいだ。硬い本、つまり僕が背伸びをしないと理解し得ない本を扱うと決めてしまってから、なかなか本の紹介ができていない。

 こちらで書評するには、もう少し時間がかかりそうだ。

 最後に一言。飯尾和樹人間国宝

平成最後のEnya推し──令和でも「ああEnyaだ」という安心感を語り継ぎたい

 Enyaはいい。いつ聴いても、「ああEnyaだ」となるのがいい。それが僕の、心の津波をなだめてくれる。どんなに荒れていても、とはいかないが、少し荒れている程度であれば、吹き荒れる偏西風や貿易風が止まり、さらには月が引力を失ったかのように波が止まって、荒れ模様の心の海が、まるで朝もやが薄っすらと立つ湖のような静けさとなる。それがEnyaなのだ。

 「ああEnyaだ」というこの感覚は僕固有のものではないはずだ。実際、友人複数人と共有済みのものである。「ああEnyaね」とか「Enya感」とも呼ばれる安心感は存在するのだ。

 紹介が遅れた。Enya(エンヤ)はアイルランドを代表する作曲家・歌手である。多重コーラスをこれでもか!と使った楽曲が特徴的で、『Orinoco Flow』という曲でニューエイジ・ミュージックの火付け役となった。これ以上の詳しいプロフィールはWikipediaで見てください。

ja.wikipedia.org

 山崎、なんか急にEnyaを好きになったな?と思った人。正解だ。存在は知っていたが、たまに聴く程度で、今のように毎日聴くには至らなかった。実は、精神の安定方法を、藁にもすがる思いでネット検索していたころのこと、『精神が安定する可能性のある曲ベスト10』という、なんともいかがわしい内容の記事に出会った。そのベスト4くらいにEnyaが紹介されていた。

 そこで紹介されていた曲は、『Watermark』という曲である。聴くべし。心を洗われよ。

www.youtube.com

 「ああEnyaだ」となるだろう。これが良い。いつでも帰ってこれるのだ。それがEnyaの良いところだ。日本ではめちゃくちゃ有名な癒し系音楽作家だし、いまさらこのようなブログで取り上げるようなアーティストではない。サブカル気取ったブログは、普通は通ぶって、インディでアングラなロックバンドを紹介するようなもんであるけれど、僕はそこらへんのプライドは高校生の頃に捨て去った。いい音楽かどうかは、レーベルがメジャーでもインディーズでも変わらない。

 もし「ああEnyaだ」を感じることができなかった諸君。諸君が僕ら世代の人間であれば、映画『冷静と情熱のあいだ』の『Wild Child』やロード・オブ・ザ・リングの主題歌である『May It Be』などで、「あぁ~!この人か!」となると思う。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 しかし僕ら(平成4年度生まれ)よりもヤングな方々は、もしかしると「ああEnyaだ」とはならないかもしれない。Enyaの曲はCMやTV番組のBGMでとても良く使われているので、テレビから知るチャンスはあるのだ。テレビっ子は一度は聴いたこと有るかもしれないが、今あまり若い世代がテレビを見ないらしい。

matome.naver.jp

 NAVERまとめで恐縮だが、こんなことも言われているもんだから、今の若い世代から、「ああEnyaだ」が無くなる可能性がある。これはEnya信奉者としては「国難」である。Wikipediaによると、天皇皇后両陛下にも愛されている音楽家であることが伺い知れる。

2005年5月9日、アイルランドを訪問されていた天皇皇后両陛下は、ダブリン市長公邸にてアイルランド文芸関係者と歓談の場を持った。そこには皇后陛下の希望で特別にエンヤも招待された。彼女は天皇皇后両陛下が日本で自身の音楽を聴くことを知り、彼女は感激したという。

また、日本の着物が好きで、来日すると買ってしまうという。

出典元:エンヤ - Wikipedia(2019年4月19日閲覧)

 着物買っちゃうEnyaかわいい。

 出典があやふやな部分もあるが、上記エピソードが本当でもそうでなくても、日本人にとって、Enyaは平成を代表する癒やし音楽家であったといっても過言ではない。世界的に見ると、20世紀末にニューエイジブームを巻き起こし、21世紀のはじめに名曲を数多く残した音楽家である。完璧主義者なのでなかなかアルバムが出ないが、令和の時代でも引き続き、「ああEnyaだ」と思わせる音楽を作って欲しい。

 読者のあなたが心の原点、ニュートラルポイントを求めているならば、Enyaがそこに導いてくれるかもしれない。

 なんでこんな宗教臭くなった?

 いや、仕方ないのだ。音楽なんて、宗教みたいなもんだ。