点の記録

書籍について。サブで音楽やら映画やら。

カント『啓蒙とは何か』

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)

永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)

 

 

さっくり読める哲学古典。気持ちの良い出落ちである。

啓蒙とは何か?序文で粗方、著者カントの言いたいことが凝縮されている。

啓蒙とは、人間が自らの未成年状態を抜けでることである。

ちなみに、未成年状態の、未成年というのは、他人の指導がないと頭を使えない人のことらしい。

未成年とは、他人の指導がなければ、自分自身の悟性を使用し得ない状態である。

教えてくれる人がいなければ、自分の頭を使いたがらない人って確かにいる。いい年こいて無知蒙昧であるのは、一体誰のせいであるか。それはお前のせいだ、とカントは言う。なぜお前のせいなのか?持って生まれた頭の良い、悪いではなく、悟性(ここでは簡単に、物事を理解する能力、と思ってほしい)を使うように導く者がいなかったとしても、悟性を使おうとする決意や勇気が必要で、それが欠けちゃだめだよ!ということだ。

序盤でかっ飛ばしている。畳み掛けている。

それだから「敢えて賢かれ!」「自分自身の悟性を使用する勇気を持て!」 ──これがすなわち啓蒙の標語である。

カントの呼びかけは、果たして成功したか失敗したか。そりゃ、多くの哲学者に影響を与えた批判哲学の祖、認識論に超越論的観念論とかいう発想の大転換をもたらしたお人であるから、その界隈、もしくはインテリ一般には届いたかもしれない。カントに影響を受けた哲学者は数えきれないほどいる。

しかし、頭の良い人間に飼いならされた無知蒙昧を地でゆく我々のレベルの人間には、カントの情熱は行き届かないんじゃないか。

社会のベルトコンベアーに乗ったら、そこに乗っている方が気楽である(いやいや、その気楽さがいけないんじゃないの?とカントは批判しているんだけどね……)。

でも、人間というのは本来、気楽に生きるべき生物でなんじゃないか、と山崎なんかは思ってしまう。良いストレスと悪いストレスがあると思うけど、感じる必要のない悪いストレスと腹を割って向き合うほど、現代人は暇じゃない。そういうストレスと向き合うことが良いとも限らない。

自分の頭で考えることがいたずらに増えても、かえって不幸せではないのか。理性や悟性では説明できない事柄にぶち当たってしまった時、経なくてもよい余計なプロセスを経て、理屈をこね回して一個一個の事象に当たる。これって、たまにやる分には良いけど、基本的には時間の無駄だよなあ。時間の無駄とかいうやつは哲学向いてないんだろうけど、無駄になっちゃうよなぁ。

自分の頭で考えた方が良いこと、考えなくても問題ないこと、考えないほうが良いこと、というのが、世の中にはまばらに存在するんじゃないか。啓蒙の状態を目指すよりも、自分がどんな状態になりたいのか、というのが先行しなければ、ストレスで死にそう。ただ啓蒙状態を提示された当時の人たちは、どんな気持ちでこの小論を読んだんだろうね。

自分の頭で考えたいことを、誰に教わるでもなく、自然とやってしまう状態というのが、精神的にも身体的にも、それこそ理性や悟性の健全さという側面から見ても、なんだかいい状態な気がするんだよね。

読んでて楽しかったのは、未成年状態、つまり自分の頭で考えることができない人間って、こういう感じだよね~と語っている部分があるんだけど、どんな時代でも、頭のいい人から見るバカって、同じような印象持たれるんだなぁと面白かった。

あけましておめでとう

そういえば、どうして年が明けるとめでたいのかということに、今年ようやく疑問に思って調べてみたら、年始には「年神様」という神様がやってくるから、めでたいのだという。この年神様というのは神道寄りの神様で、Wikipedia情報によれば、

柳田國男は、一年を守護する神、農作を守護する田の神、家を守護する祖霊の3つを一つの神として信仰した素朴な民間神が年神であるとしている。

引用元:年神 - Wikipedia

こういう神様であるらしい。

僕が実家にいる間、年神様なんてことは聴いたこともなかったし、「年が明けるというのは、とにかくめでたいことなのだ」ということを、普段とは違う街の空気や、豪華な飯、酒によって陽気になっている大人たちを見て、漠然と感じていたっきりで、そういや正月ってなんでめでたいんだ?と感じたことがなかった。

2018年は、何もめでたい状況が起きない暮らしをしていたせいか、なんだかこのまま正月を「おめでとうございます」と思考停止で祝うのは癪に障るな、と考えて、意地の悪い根性で疑問に思ってしまった。 神様のご到来というのであれば、めでたいことこの上ない。

年神様、叶いますならば今年こそ山崎にもお恵みを。

心の底から2019年も、点の記録をどうぞよろしくおねがいします。

停滞の2018年

平沢進さんのホログラムを登る男という曲の中に、

死よりなお悪辣と 
ああクライマー クライマー 
停滞を撃つ

という一節がある。山崎は今年、停滞を撃ち、前進することは叶わなかった。

2018年を振り返ると、自分が解決しなければならない問題は何一つ解決していない。痩せていないし、金は貯められないし、趣味のブログは記事が消え、仕事では体調不良によって完全に信用を失った。停滞どころかマイナスに振れている気さえしてくるが、過去の解釈をこのようにしている限り、停滞し続けることになるだろう。

学習性無力感という考えが心理学にはあるらしい。抑圧的な状況下や、失敗に対する認識の仕方によって、自己効力感が失われ、何をするにしても「俺なんてどうせ」と考えてしまう恐ろしい状態だ。うつ病のリスクが跳ね上がる。

では無力感とは逆向きのポジティブ・シンキングをすることによって、この問題が解決できるのかというと、そうでもないらしい。人間って難しい。実は(無理のある)ポジティブ・シンキングというのは人間の生物的な仕組みにそぐわない。ネガティブ思考、悲観思考のある人間が、無理やりにポジティブな自己対話を試みると、自尊心や自己効力感が低下するのではないか?という学説もある。下記記事参照。

yuchrszk.blogspot.com

『サピエンス全史』などによれば、我々の先祖は身の回りにある木の実を食べて満足していた種族である。勇猛果敢に猛獣に挑んだり、脳天気に暗い森の中に入っていった者たちは死んでいったのだ。すると失敗から学ぶように適応しはじめる。ネガティブな情報というのは生きるために必要な情報そのものであったのだ。

無理をすることは人の摂理に反する。自分の価値観を変えるのは容易なことではないから、それに身を任せるべきなのかもしれない。物心ついて約25年の間に培われたネガティブのミルフィーユを崩すことはできないだろう。一枚一枚剥がすことも難しい。

「それは思い込みである」という意見もある。大賛成だ。現代人が感じる不安や恐怖というのは所詮、死に直結するものではない「こうなったら嫌だな」程度のものだ。不安や恐怖は、ホログラムのように現実世界に映し出されているだけである。

重々承知だが、我々ネガティブ思考の人間は、この不安や恐怖が好きなのだ。ここに浸っている間、我々は何もしなくていいのだ。次の一歩を踏み出すことが嫌なのだ。

過去の失敗を言い訳に使うことによって、自分の停滞を人に認めてもらおうと必死になっている。自分のどこに問題点があるかなんて、とっくのとうに知っている。「成長がない人」はどこを治したらいいかなんて知識としては知っているし、それについて考えることだってある。

ようは停滞が好きなだけ。怠け者なだけ。

さて、怠け者は無理をすると、更に怠け者になっていく。自分の「面倒くさい」に打ち勝つ手段は、「面倒くさい」と言ってられない状況に陥るか、「面倒くさい」というモヤモヤした感情が、自分から自然に去っていって、やる気が出てくるのを待つしか無い。やりたいことを、やりたいときにするしかない。前進するのではなく、勝手に前進するのを待つしか無い。

あれがやりたい、こうしたいっていうものをわざわざ設定しなくても、何やりたいかなんてその日単位とか月単位で浮かんでくるでしょう。一瞬一瞬浮かんでくるんだから別に良い。ゴール設定だの目標設定だの、正直もう疲れた。

僕ら怠け者に残された生存戦略は、感情に身を任せ、他人の成功を自分の人生と比べることなく、劣等感を感じないようにしながら、目の前の小さな幸せを味わって、できることを無理のない範囲でしていくことしかない。社会的弱者になることは間違いないが、いいじゃないか。社会には僕らよりも優秀な人がたくさんいるんだから、難しいことは彼らに任せよう。その結果社会がクソになって、僕らの生活が破滅しても仕方がない。遅かれ早かれ人類は滅亡するし、この地球だっていつかは太陽の膨張によって無くなるらしいじゃない。自分の取りたい態度を我慢する理由ってあまりない。

重要なことは社会的な強者に任せてよう。僕らは搾取されようが蔑まれようがどうでもいい。自分から好んで強者に隷属するのだ。強者に立ち向かうのってもう面倒くさいじゃない。負け組と言われても良いのだ。他者の評価なんて、自分がどのように考えるかなんだし。最低限の生活ができれば、もういいのだ。

それが僕の幸せだ。

2018年は疲れた。多くの価値観に縛られた年だった。

もう一貫性とかそういうのも気にせず、好きに生きることにするよ。

とことん怠け者になってやる。

 

ホログラムを登る男

ホログラムを登る男

 

他の趣味

全然オリジナルの楽曲が作れない苛立ちと、承認欲求が爆発して、P-MODELのZEBRA、同じくP-MODELのOH MAMA!という曲をカバーして歌ったりしてました。

ZEBRA(cover) by Achelou 
https://soundcloud.com/achelou/zebracover

OH MAMA!(cover) by Achelou
https://soundcloud.com/achelou/ohmamacover-1

こういう趣味がありましたってだけ。

そんだけ。

SNSは不安感や劣等感を助長させるからしばらく離れることにする

隣の芝生は青い、隣の花は赤い、隣の糂汰味噌……他人が持っているものは、なんでもよく見えるものである、ということわざですね。我々はこうした感情を無意識のうちに植え付けられています。何で植え付けられているかというと、人によりますし、それを列挙すればきりがないですが、僕の場合、一番はSNSでしょうかね。

山崎は、SNSを利用することで、否応なしに隣の芝生が青く見えてしまうので、自分が持っている情報の発信や、情報のやりとり以外に使うのは危険なのではないかと考えるようになりました。

僕だけの問題でもなさそう。面白い記事がありまして。

www.bbc.com

RSPHは14歳から24歳の1479人を対象に、人気の高いSNS5社の影響を調査。それぞれのSNSで経験する不安感や鬱(うつ)、孤独感、いじめ、自分の外見への劣等感など14項目について質問した結果、写真投稿サイトのインスタグラムが若者の心に与える不安感や孤独感、いじめ、外見への劣等感など否定的な影響が、他のSNSよりも高かったという。

Instagramが一番不安感や抑うつを助長するSNSであるという統計データが取れたということなんですが、この部分は、まあ、へぇ~と思って読んでいました。

記事を読む限りだと、調査の際の質問は、SNSを利用する際に感じるネガティブ感情について答えてもらうように行われた、と受け取れます。なので、一般論として「SNSを利用すると不安や劣等感を感じる」根拠とは言えませんが、すくなくとも、僕以外にも、SNSにはやっぱりそういうネガティブな感情を助長すると感じている人はいるんだなと。

んで、この記事の下の方に、イスラさんという女性のSNSの体験談が書かれているんですね。

「16歳で重度の鬱状態になって、それは何カ月も続いて、本当にひどかった」

「この間、SNSを見ていると気分はどんどんひどくなっていった。いつもほかの人と自分を比べて、最悪の気持ちになっていた」

「19歳の時にまた、ひどい鬱状態になった。SNSを開くと、友達がみんないろいろ活動しているのを見て、そういうことができない自分は最悪だと思って、ほかの人と比べて自分はろくな人間じゃないと落ち込んだりした」

わかる。

「友達がみんないろいろ活動しているのを見て、そういうことができない自分は最悪だと思って、ほかの人と比べて自分はろくな人間じゃないと落ち込んだりした」

これ。本当にこれ。

こんなことを考えるのなんて無駄であることは分かっているんです。普通の精神状態であったら、こんなふうにはならない……と思っていたのですが、SNSを覗いたことがきっかけとなって、不安感や劣等感を感じるということもありました。僕は圧倒的悲観主義者であることが、この本のテストによって確認が取れました。

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

 

タイトル胡散臭いけど、まあまあいい本でした。

山崎は、「自分にとっての悪いこと」は永続的に続くと思い込み、なおかつ、「自分が引き起こしたいいこと」は他人のおかげとしたり、たまたま上手く行ったと考える人間です。これって、一番SNSに向いていない性格である気がする。

他人が〇〇の映画を観た、何とかの本を読んだ、ライブに行った、外食をした……そういうものを見るたびに、心も金も余裕のない山崎なんかは、もう無性に「こんなこともできない自分って……クソなんじゃ?」と思ってしまうわけですね。余裕がないから、「俺はこの先もずっと、見たい映画や読みたい本にありつけないんや……」みたいな。特に精神的に苦しいときに、そういう情報に触れようものなら、自尊心大爆発なんですね。

疲れている原因のひとつ、これなんじゃないかと思ったので、SNSを眺めることはしばらくおやすみします。半年間くらいにしようかな。

生存確認はこのブログにて継続していけばいいじゃない。ニュースはニュースサイト行けばいいじゃない。SNSって使わなくてもいいのに使いたくなるけれど、使うことによって不安感を助長させるリスクを受けるということを知らないで使っていた期間が長かったので、まあ恐ろしいなと。自分の心の動きには、程よく敏感になりたいもんです。