読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点の記録

点だけ打って線を引けない男が、点と点を結ぼうとするブログです。

『マヤさんの夜更かし』──真夜中の通話は楽しい

 

本作は、怠惰な生活を送る魔女のマヤさん(表紙のキャラクター)と、漫画家志望の女性、豆山(まめやま)によって繰り広げられる、壮絶ゆるゆる深夜音声通話エンターテイメントである。

中野ブロードウェイの中の書店で購入した。試し読み用に吊るされたペーパーブックを読んでみると、なかなかにツボだったのでそのまま衝動買いをしてしまった。

インターネット上だけの友達と交流してきた経験がある僕みたいな人間は、深夜通話特有の、あの雰囲気を追体験できる。このニッチな部分にフォーカスを当てつつ、魔女のマヤさんというファンタジーな存在を備えたキャラクターがいることで、単なるスカイプ会話劇にならず、流れに動きを付けているのがいいなと思った。マヤさんのダメッぷり(ソシャゲ課金廃人、家事できない、おしゃれもイマイチ、魔法を使うと腹痛くなる等)も愛嬌がある。現代社会の悩める女性フリーター代表のような感じで描かれている。魔女なのに。

基本的には夜中の通話模様を描いており、基本的にそれ以外の描写は少ない。ほとんど2人の会話だけだが、かなりテンポが良いのですらすら読める。これだけ色々共有できて話せる相手がいたらな~とか、読んだら思う人も出てくるんだろう。

真夜中の通話の何が魅力的かといえば、もう本当にどうしようもない、どうでもいい話が、最高に面白く思えるところだ。僕も何回かネット、リアル問わず深夜に通話をしたことがあるけれど、中身なんて無くてもいいので、とりあえず頭に思いついた話題をふってみたり、相手が言ったことに対して受け答えをしているだけなんだけど、マジで楽しい。

もちろん親しい人間との会話であることは大前提なんだけどね。

この作品の中の2人を見ていると、ネット上だけの知り合いと音声通話をしているときのことを思い出す。豆山は、マヤさんと実際に会ったことはある。少しの間同じ病室で時間を共有した。だがマヤさんが本当に魔女であることだとか、マヤさんの素性についてはさほど知らない。けれど、いつも通話をしているので、人間性だとか、性格だとか、近況という一部の情報だけ知りすぎている。

こういう人間関係って、ネットに生まれがちじゃないかって思う。

互いのことをさほど知らずとも、仲良く喋ったりすることができる、不思議な間柄の、不思議な時間共有体験は、ネットならではだ。「こんなにウマが合うのに、会ったことすら無い」とか「もっと近くに住んでりゃ、実際にあって遊ぶのに」と思うような人物って、ネットで友達を作ったことがない人からすると不思議、というよりも気味悪いと思うんだけど、あるんですよそういうの。

マヤさんみたいに、人付き合いが少し苦手な人にネットをもたせるとこうなるよなという縮図として捉えるのも面白いかもしれないけれど、そうしたマジメぶった考察を受け付けない圧倒的ユル可愛さ。そうそう、こういうどうでもいい話ができる相手がいるって、それだけで人生結構楽しいよなぁ。漠然とそんなことを思える作品だ。

 

単行本

マヤさんの夜ふかし 1 (ゼノンコミックス)

マヤさんの夜ふかし 1 (ゼノンコミックス)

 
マヤさんの夜ふかし 2 (ゼノンコミックス)

マヤさんの夜ふかし 2 (ゼノンコミックス)