点の記録

点と点が結ばれるのをじっと待つブログ。主に書籍について。サブで音楽やら映画やら。

『ブラック彼氏』──女性は結婚をするとき、何が気になるのか

 

ブラック彼氏  恋愛と結婚で失敗しない50のポイント

ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント

 

恋愛本を読むということは、どことなく恥ずかしいような気がしていた。恋愛なんかに必死になってどうするの?とか思っていたからだ。僕は顔が良い方でも、モテる方でもない。完全無欠のインドア非モテみたいな見た目と性格をしている。「モテたいな~」とか言っておきながらモテる努力を一向にしないそこの君。僕と同じだね。意識低い非モテ同盟でも組んでやろうかと思ったりしないでもないが、それはまた別の話。

この本、気まぐれに図書館で借りてきた本なんだけど、買ってもいいかなというくらい為になった気がする。恋愛本、特に女性が女性向けに書いた本というのは、男性に対して媚びていない。こんな男はダメ、ゼッタイ!とボコボコに殴る。

著者の堀井亜生さんはフラクタル法律事務所代表弁護士であり、離婚・男女問題の取扱実績が多い方だ。彼女に舞い込んできた案件から、統計的にあぶり出されたブラック彼氏像を紹介する本であり、ブラック彼氏の見分け方、ブラック彼氏と付き合ってしまったらどうするかという対処までしっかりと書いてある。

本書はブラック企業をもじったブラック彼氏を次のように説明している。

 本書のタイトルである「ブラック彼氏」とは、一見すると高スペックなのに、結婚した後でとんでもない事故物件だったことが発覚してしまう男性を指します。
 たとえば、結婚前は優しかったのに、結婚したらひどいモラハラ夫になってしまったとか、結婚前は羽振りが良かったのに、結婚したらドケチ夫だったなど、結婚前に隠れていたブラック性が結婚後に現れる男性は、案外多いものなのです。

本書ではこうしたブラック彼氏を5つのタイプに分けている。

「隠れモラハラ系」──人間的な器が小さく、独りよがりで、自分の価値観を女性に押し付けるタイプ。

「隠れ浮気系」──かっこよくもなく遊び人にも見えないのに、ためらいもなく浮気するタイプ

「隠れマザコン系」──親から独立してひとり暮らしを始めたり、彼女ができたりして一見自立しているように見えても、母親依存の関係を解消できないタイプ

「隠れドケチ系」──高収入でお金があるのに、コストパフォーマンスを重視してこれを使わないことに命をかけるタイプ

「隠れDV系」──一見して優しそうなのに、結婚後に暴力を振るうタイプ

あなたの彼氏、もしくはあなた自身はどのタイプか?

それぞれのタイプに10個の見分けるポイントを解説しているので、読みやすさは抜群。テンポよく彼氏のあら捜しができる作りになっているので、普段読書しない人も読んでみると良い。ちなみに僕は「ファッションが休日のパパ」「週末になると実家に帰る」「あまり上手ではないけど一応料理ができる」という理由で、「隠れマザコン系」に一番近い結果とあいなりました。うるせえ!男はみんなマザコンじゃい!!ビートたけしも言っていることだ。

男性である僕がこの本を読んでよかったことは何か。それは、恋愛関係から結婚し、相手の良くない部分が見えてくるというのは、よく聞く話だよね~~と一蹴すべきではないということに気がついたことである。

自分が普段している何気ない行動が、実はブラック彼氏の条件にあてはまっていたとしたら……と考えれば、恐ろしい。それを知らずに格好だけ良く恋人関係を続け、結婚した途端に素が出て相手をドン引きさせ、運良く長く夫婦関係を続けられたとしても、子どもを育て終わった40代後半~50代前半になって、三行半を突きつけられることになる可能性が高まることは間違いないのだ。

分かりやすく書かれている分、「それは著者の主観でしょ?」と言いたくなる気持ちをぐっとこらえて、「そうか、女性は男性のこういうところが嫌だと思いやすいのだな」と素直に受け止めたほうが、読んでいて、多分ダメージも少ないし、きっと為になるんじゃないかな。